ここから本文です

【16年夏のメルカート最終日の主な移籍】激動の最終日! ナスリはセビージャ、D・ルイスはチェルシー、ウィルシェアがボーンマスへ!

SOCCER DIGEST Web 9/1(木) 20:35配信

チェルシーは守備の実力者2枚抜き!

■ダビド・ルイス
・29歳/DF/ブラジル代表
・パリSG→チェルシー(完全移籍)
・移籍金:3850万ユーロ(約46億2000万円)
 2014年にパリへと旅立った高水準のDFが2年ぶりに古巣チェルシーにカムバックを果たした。チェルシーは今夏に衰えが見えるジョン・テリーに代わるCBの獲得を目指し、ナポリのカリドゥ・クリバリに熱心なアプローチをかけるもクラブ間の交渉がもつれて破談。移籍メルカートの最終日に何とか実力派CBの買い付けに成功した。電撃的な古巣復帰となったD・ルイスは、「チェルシーに帰って来られて嬉しい。ここには良い思い出がたくさんある。アントニオ・コンテの下で成功したいね」と、新監督の下での成功を誓っている。
 

2016年夏のメルカートで新天地を求めた主な選手たちを移籍写真で紹介!

■マルコス・アロンソ
・25歳/DF/スペイン
・フィオレンティーナ→チェルシー(完全移籍)
・移籍金:2300万ユーロ(約27億6000万円)
 FKを任されることもある正確なキックと対人守備に定評があるR・マドリーの下部組織出身のエリートで、過去にボルトン(2010-2013)、サンダーランド(2014年)でのプレー経験もあるだけにイングランドの水にも馴染むのは早いはずだ。CB、左SB、左ウイングバックを遜色なくこなすポリバレント守備者は、「僕がステップアップするためには最適の場所」と自らのキャリアアップを喜んだ。

 
■イスラム・スリマニ
・28歳/FW/アルジェリア代表
・スポルティング→レスター(完全移籍)
・移籍金:3500万ユーロ(約42億円)
  昨シーズン、ポルトガルリーグ2位の27得点を決めた大砲。抜群のポジショニングからアクロバチックなシュートを放ってネットを揺らすゴールハンター。2014年のブラジルW杯ではヴァヒド・ハリルホジッチの師事を仰いだ経験を持つ。カウンターでも機能するストライカー獲得にレスターが支払った移籍金はクラブレコードとなる3500万ユーロ(約42億円)で、期待値の高さを感じさせる。それだけに岡崎慎司とのポジション争いも激化していくことが予想される。
 

1/4ページ

最終更新:9/2(金) 0:44

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。