ここから本文です

審判のジャッジに激怒のハリル。「あの笛は受け入れがたい!」

SOCCER DIGEST Web 9/1(木) 21:55配信

再三の不可解な判定に指揮官も選手も納得いかず。

[W杯アジア最終予選]日本1-2UAE/9月1日/埼玉

 ホームでの初戦を落とした日本。ハリルホジッチ監督は、「酷い試合だった」と振り返るとともに、レフェリーの判定に対して、収まらない腹の内をテレビインタビューでぶちまけた。

ハリル怒りの会見「ラインを越えたら普通はゴールだ!」

「審判の笛は受け入れがたいものだった。何か言わなければいけないと思っている。この後の会見でも言いたい」

 この試合の笛を吹いたカタール人主審は、53分に日本のエリア内でのプレーでPKを取った一方で、UAE側のエリア内で宇佐美が明らかに手で倒されたように見えたプレーに対しては笛を吹かず。さらに77分の浅野のシュートもゴールラインを割っていたが、ノーゴールの判定。

 再三の不可解な判定に、試合後は指揮官も選手も、一様に納得のいかない表情だった。

最終更新:9/2(金) 0:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。