ここから本文です

UAE監督が勝因に挙げたのは"準備"。「選手は私の指示をすべて実行してくれた」

SOCCER DIGEST Web 9/1(木) 23:45配信

勝利に浮かれる様子はなく、「まだなにも達成していない」と次節に向けて埼スタから空港に直行する徹底ぶり。

 9月1日に行なわれたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選で、日本がUAEに1-2で敗れた。

 本田のゴールで先制したものの、その後にFKとPKから2失点。終盤の猛攻も実らずに、ロシアへの旅路はまさかの黒星スタートとなった。
 
 試合後、日本に土を付けたUAEのマハディ・アリ・ハッサン監督は、「本当に素晴らしい気分だ。アジアのなかでも最高のチームのひとつに勝てた」と喜び、さらに「しかもアウェーでの勝利。90分間ピッチで戦った選手たちのスピリットを称えたい」と続けた。
 
 また、アウェーで逆転勝利を収めた要因については、「この試合に照準を合わせて、長い準備をしてきたのが大きかった。選手は私の指示をすべて実行してくれた」と、およそ2か月に渡る合宿やトレーニングでの周到な準備が奏功したと語った。

 ただし、勝利に浮かれる様子はなく、「ひとつの試合に過ぎないし、まだなにも達成していない」と気を引き締めてもいた。

 UAEは9月6日の次節でオーストラリアと対戦するが、「この後、すぐに直接空港に行って飛行機に乗り、回復のステップに移りたい」と、すでに帰国の途に就いている。

 日本戦への準備から撤収、そして次節への備えに至るまで、UAEはすべてが用意周到だった。

最終更新:9/1(木) 23:45

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。