ここから本文です

MIYAVI、Beatsのルーク・ウッドPresidentと語るこだわりの音作り

ローリングストーン日本版 9/1(木) 17:00配信

Beats by Dr. Dreのヘッドフォンは、プロのミュージシャンがスタジオで創り出す生のリアルな音を再現する革命的なプロダクト。レコーディングスタジオのサウンドをそのままユーザーに提供することをモットーとしているBeatsの代表、ルーク・ウッドPresidentが来日し、世界で活躍する日本人アーティストのMIYAVIと、"曲を分解する"セッションを都内のスタジオで行い、同社プロダクトの魅力をプレゼンテーションした。

ルーク・ウッドPresidentに聞く、Beatsの揺るぎなきサウンドポリシー

ひとつの楽曲がどんな音のレイヤーで構成されているかを、ひとつひとつサウンドを紐解いて分解する。そして、その音をBeatsのヘッドフォンを通じてどのように聴くことができるかを体感するという画期的なセッション。

ニュー・アルバム『Fire Bird』をリリースしたばかりのMIYAVIは、その中からフューチャリスティックな世界観を描いた『Another World』、過剰な情報やノイズを削ぎ落とすという意を込めた『Dim It feat. Bones』、疾走感溢れる『Raise Me Up』を紹介し、それら楽曲の成り立ち、それぞれのサウンドが持つ効果や役割を詳しく解説してくれた。

ー"曲を分解する"という独特なセッションでしたが、終えてみていかがですか?

こういう試みは初めての機会だったので、とても楽しかったです。音楽作りの全てはパッションとエモーションで、マシンが曲を作るわけじゃないんですよね。全て人間の手で作るもので、自分の人生を通じて感じたことを伝えたくて、表現したくて曲を作るんです。その上でこういうテクノロジーやプロセスが大事になってくるんですけど、そういう話はあまりする機会がないので新鮮でした。

曲を作って、ステージでパフォーマンスする。その興奮や感情、熱をオーディエンスと共有することがアーティストとしての一番の喜びなんですけど、その曲を作る上で、ひとつひとつの音にどんな思いを込めているかを伝えられたことはうれしいですね。

—どんなところにBeatsの魅力を感じますか?

こういう試みも含めて、作り手の目線、届ける側の目線で一緒にクリエイティビティを共有できることが素晴らしいと思います。オーディオメーカーというとマテリアルやテクノロジーの話題になることが多いけど、それだけじゃなくてその根幹に何があるか。僕たちと同じような熱を、ルークからもBeats製品からも感じることができますね。

1/2ページ

最終更新:9/1(木) 17:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。