ここから本文です

セルジオ越後「日本代表は予選を突破できても惨敗したブラジルW杯の二の舞いだろう」

週プレNEWS 9/1(木) 11:00配信

いよいよ2018年ロシアW杯のアジア最終予選が開幕。日本はホームでUAEとの初戦(9月1日・埼玉)を迎える。

日本の入ったB組にはオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイがいて、6チーム中の上位2チームがW杯出場権を獲得し、3位のチームがプレーオフに回る。

客観的に見れば、オーストラリアと日本の“2強”が有力だけど、タイを除いた他チームとの差はそれほど大きくないと思う。特に情報の少ないサウジ、イラクは不気味だね。

アジア予選なんて突破して当たり前と思っている人も多いかもしれないけど、決してラクなグループじゃない。だから、今回もホームでしっかりと勝ち点3を重ねていくことが大事。W杯予選を勝ち抜くための“鉄則”だ。

その意味でも、初戦のUAE戦は重要だ。初戦の緊張感はもちろん、昨年1月のアジア杯準々決勝でPK戦の末に敗れ、今度は負けられないというプレッシャーも加わる。引いて守る相手をどう崩すのかという継続的な課題もある。続くアウェーのタイ戦(9月6日)、ホームのイラク戦(10月6日)と3連勝して、勢いに乗った状態でオーストラリアとのアウェー戦(10月11日)に臨めれば最高なんだけど、果たしてどうなるかな。

世間はいまだリオ五輪の余韻に浸っていて、現時点では最終予選への注目度は低い。サッカー関係者としては残念だけど、それも仕方のないことだろう。日本はオリンピック人気の高い国で、今回はたくさんメダルを獲った。4年後には東京五輪も控えている。サッカーもメダルを獲得していれば、最高の盛り上がりのなかでUAE戦を迎えられたはず。

でも、現実はグループリーグ敗退という成績で大会を終え、まったく話題にならなかった。A代表でのプレーを見たいと思わせるような選手も出てこなかった。

こうした若手が伸びてこない状況には、ハリルホジッチ監督も頭が痛いはず。誰が監督だろうと、今回も2010年南アフリカW杯を戦った本田、長友、長谷部など“いつものメンバー”を起用せざるをえないと思う。でも、彼らも年齢が上がり、上積みも少なくなってきた。さすがにマンネリ。相手にも研究し尽くされている。リーグ開幕戦で出番のなかった本田など、所属クラブでパッとしない選手も多い。

そんななか、今のところ期待を持てそうなのは、新天地セビージャで上々のスタートを切った清武かな。これまでは故障などもあり、代表では控えの一番手といった感じだったけど、今の調子で活躍を続ければ、スタメンに近づくのはもちろん、ほかの選手にも刺激を与えられる。

あとは海外再挑戦の宇佐美、アーセナルからのレンタルでシュトゥットガルトでプレーする浅野、ケガからの完全復活を目指す武藤、五輪代表の主力だった遠藤、大島、Jリーグで好調の川崎を牽引(けんいん)する小林など、奮起してほしい選手はたくさんいるんだけど、現状ではアピールが全然足りていないね。

いずれにしても、これから1年間続く最終予選の間に新しい選手が出てこなければ、たとえW杯本大会に出場できても、多くは期待できない。惨敗したブラジルW杯の二の舞いだろう。

この閉塞(へいそく)的な状況をどう打ち破るのか。日本サッカーは重い宿題を背負って最終予選を戦うことになる。

(構成/渡辺達也)

最終更新:9/1(木) 11:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ