ここから本文です

「恋愛工学がテロから世界を救う」とホリエモンが共感する理由

週プレNEWS 9/1(木) 6:00配信

大人の習い事といえば語学や資格取得が代表的だったが、最近は「恋愛術」を学ぶ人が増えているという。数十万円するような講座にも申し込みが殺到し、人気になっているのだ。

代表的なものでは、藤沢数希氏が提唱している「恋愛工学」(心理学や生物学の研究を恋愛に応用したもの)がある。モテない男性でも口説き方のノウハウを学ぶことで、恋愛の達人になれると謳(うた)っているのだ。

確かに、モテたいという男の性(さが)は理解できる。しかし、そんな大金を払ってまで講義を受ける必要があるのかは、議論が分かれるところだろう。

『週刊プレイボーイ』で対談コラム「帰ってきた!なんかヘンだよね」を連載中の“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は、こうしたビジネスそのものについては懐疑的でありつつも、恋愛術を教えることには意外な効果が期待できるという。

それは、テロの抑止だ。堀江氏は言う。

「最近のテロや大量殺人には、独身男性の性欲に関係するものも多いとみているんだよね。だから、性欲をうまく処理すれば、逆にテロを減らすことができるんじゃないかとも思ってるんだ。あと大量殺人って、基本的に男性が起こすことが多い気がするんだよ。だから、恋愛学みたいなのを流行らせたら、テロリストは減る可能性はあると思う」

一方、「でも、身もふたもない話をすると、ブサイクだったり貧乏だったりしたら、恋愛するにもハードルが高すぎませんか?」とひろゆき氏は疑問を呈する。

「VRやARみたいに、生身の人間を必要としないで性欲を解消する仕組みはスゲーありだと思います。ですけど、根本的な問題として、全員が性欲解消できる状態ってのはありえないと思うんですよ。

ってのも、いつの時代も女性は相対的に魅力のある男性を選びます。これはもう普遍的なことだと思うので、いつの時代にもあぶれる人は一定の割合で必ず出てきちゃうんですよね。そんで、あぶれる人はいくらお金を払っても、あぶれたままになってしまう」

こうした意見はありつつも、堀江氏は「もちろん、100%はありえないよ。でも少しはいい方向に行くでしょ」と恋愛術の広がりに希望を見ている様子だ。

この対談全文は現在、グラジャパ!で発売中の『週刊プレイボーイ』36号に掲載。堀江氏が恋愛による犯罪抑止のために、さらなる意外な提言も行なっているので、是非お読みいただきたい。

(イラスト/西アズナブル)

最終更新:9/1(木) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.50
11月28日(月)発売

定価400円(税込)

トランプと「新イスラム国」が日本の神風に
なる!/年末ジャンボ155売り場へ/最新
スポーツカーが超カッケー【グラビア】内田
理央/忍野さら/水原ゆき/都丸紗也華 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。