ここから本文です

進化しすぎて「こんな立ち飲みありかよ!?」ってレベルの最注目の新店3選

東京カレンダー 9/1(木) 21:20配信

世は今まさに、立ち飲み戦国時代。有名店や業界キーマンたちも次々と進出し、時代の気分を見事に捉えた意欲的なチャレンジで、食の新たなスタイルとポジションを確立しつつある。そして今後は個々の真価が問われる第2ステージへ。この立ち飲みの乱世を勝ち抜くのはどのお店? まずは、立ち飲み会の風雲児と言っても過言ではない、ニュースタイルな3軒をご紹介!

【この記事の全ての写真】

旅する気分で楽しめる。進化形クラフトビアバー『EL CAMION』

アメリカで人気沸騰の「フードトラック」。この注目のフードカルチャーが新スタイルで日本に登場! それが〝走るクラフトビアバー〞こと、『EL CAMION』だ。

仕掛けたのは、天王洲で自社ブルワリー『T.Y. HARBOR BREWERY』を展開するタイソンズアンドカンパニー。アメリカから直輸入した大型トラックを独自の世界観で改装。都会的でエキゾチックな空間一杯に大型バーカウンターを設え、まるで異国のバーに迷い込んだような怪しくも心地よい感覚が楽しめる。

そんな移動式クラフトビアバーで味わえるのは天王洲直送の自家製ビールと中南米のカジュアルフード。日本ではまだなじみの薄いエルサルバドル料理「ププサ」をはじめ、気軽ながらも本場の味にこだわったメニューは、同じく同社が擁する高感度フードラボ「BOND ST.KITCHEN」の自信作だ。

気になる出没先はというと、ビア&音楽フェス、スポーツイベント、キャンプ場など、美味しいビールを求める場所ならどこへでも! 貸し切りパーティの相談にも応じるそうなので、ご用の向きはぜひ。

単に食べ物を販売するだけの移動販売車とは一線を画し、スタンディングバーを丸ごとトラックに詰め込んだ新業態。神出鬼没のその行方はSNSで追っかけて!

スパイスを効かせたチキンをトルティーヤで挟んだ「ケサディヤ」。じわじわくる辛さがたまらない

『T.Y.HARBOR BREWERY』でも人気のクラフトビールが豊富に揃う

新メニューも登場! コールスロー、プルドBBQポーク、オリジナルBBQソースを重ねた「BBQパフェ」

側面のガラスドアを開けばオープンバーに変身。風が気持ちイイ

1/3ページ

最終更新:9/1(木) 21:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革