ここから本文です

やめたいのにやめられない…職場でのクセTOP10

R25 9月2日(金)7時0分配信

オフィスにいると、隣の先輩が「貧乏ゆすり」をしたり、上司が「舌打ち」をしたり、誰かの「ため息」が聞こえたり…他人のクセが気になり不快に思うこともあるはず。「やめてください」と口からでかかるかもしれないが、そこは、「人の振り見て我が振り直せ」。他人のクセが気になった時こそ、自分のクセを反省すべし! ということで、20~30代独身会社員男性200人に「やめたいのについやってしまう」オフィスでのクセについて聞いた。

■やめたいのにやってしまうオフィスでのクセTOP10
(18項目のなかから3つまで選択可。R25調べ、協力/アイリサーチ)

1位 ため息 27.0%
2位 猫背 25.5%
3位 舌打ち 15.0%
4位 独り言 10.0%
5位 貧乏ゆすり 9.0%
6位 肩、首を鳴らす 8.5%
6位 足を組む 8.5%
8位 毛やひげを抜く 7.5%
9位 鼻をほじる 7.0%
10位 爪を噛む 5.5%

※番外
11位 ペン回し 4.5%
12位 爪のにおいをかぐ 4.0%

1位「ため息」や3位「舌打ち」など、ついやってしまうクセが上位にランクインした一方で、「毛やひげを抜く」「鼻をほじる」など心がけ次第でいくらでも自制できそうな項目も支持された。それぞれに対する反省コメントを見ていこう。

【1位 ため息】
「周りの人にマイナスな印象を与えてしまっていると思うから」(30歳)
「ため息を出すとなおさらため息が出るから」(30歳)
「疲れると、してしまう」(34歳)
「何となくついてしまうが、つく事で余計気がめいるので」(35歳)
「ついつい、嫌なことがあるとやってしまう」(36歳)
「場の雰囲気が冷めてしまうので、やめてほしいと言われます」(37歳)

【2位 猫背】
「見栄えがよくない。骨格や筋肉がゆがむ」(30歳)
「落ち込んだことがあるとすぐやってしまう」(34歳)
「だれているように見えるから」(35歳)
「周囲にだらしなく思われるから」(39歳)
「PCに集中しているとついなってしまう」(39歳)
「周りからは何も言われないが見た目や健康を考えると気をつけようと思う」(36歳)

【3位 舌打ち】
「客先のクレーム中にしてしまったことがある」(26歳)
「いい印象を受けないからやめたい」(29歳)
「周りの人に機嫌が悪いように思われるから」(31歳)
「あんまりいらいらしていると仕事に影響するから」(33歳)
「周りを不快にさせるから」(38歳)

【4位 独り言】
「オフィスに誰もいないのでついつい言ってしまう」(30歳)
「気持ち悪がられるから」(33歳)
「間違いがないように確認をしているとつい独り言が出てしまう」(38歳)
「普段気づいたら独り言をいっている」(39歳)

【5位 貧乏ゆすり】
「いつのまにかしていることが多かったから」(31歳)
「特に冬場の寒い時はやめられない」(35歳)
「いらいらしていると無意識にしてしまう。他の人がしているとよくないイメージなので自分でも止めたいと思う」(39歳)

【6位 肩、首を鳴らす】
「首を鳴らすときもちいので」(27歳)
「首が鳴りやすく、たまに体が凝りやすくなるから」(31歳)
「疲れた時に、やってしまう」(34歳)
「首が凝っていてつい鳴らしてしまう」(34歳)

【6位 足を組む】
「偉そうに見える」(33歳)
「クセでやってしまう」(33歳)
「健康上よろしくないが、無意識に組んでいる」(34歳)
「限られたスペースの中では邪魔。ただなんとなくクセでやってしまう」(36歳)

【8位 毛やひげを抜く】
「気になるとそのひげが抜けるまでずっといじっていて仕事に集中できない」(27歳)
「落ち着きがないように見える。ヒゲを弄る感触が面白くてついついやってしまう」(36歳)
「何となくやってしまう」(37歳)
「不精ひげがあるとどうしても気になりつい抜こうとしてしまう」(39歳)

【9位 鼻をほじる】
「人目のつかない所で呼吸を通すためにやっている」(26歳)
「無意識にしてる」(27歳)
「昔からの癖」(29歳)
「特にないが、気付いたらやってたりするので気を付けようと思う」(35歳)

【10位 爪を噛む】
「無意識だから」(28歳)
「みっともないので」(35歳)
「なぜか治らない」(37歳)

ほぼすべての項目について「ついつい」「無意識に」というコメントがあがったのが印象的。他にも、そのクセを持つ人には「わかる!」と思われそうな、ついやってしまう理由が集まった。周りから見れば「みっともない」「迷惑」と思われることはわかっていても、自制がききづらいのが「クセ」たるゆえん。あなたの共感できる「クセ」はランクインしていただろうか。

(小笠原敦)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月16日(金)21時35分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場