ここから本文です

歯を残す「根管治療」で確認すべき2つのポイント

NEWS ポストセブン 9/2(金) 7:00配信

「いい歯医者を見つける方法を教えてほしい」という問い合わせが多く寄せられているが、実は歯科医選びほど難しいものはない。ニーズは患者によって大きく異なるし、必要のない歯を抜いてインプラント手術を行なう歯科医も存在するので“値段の高い自由診療だから質が高い”とも限らない。歯科業界関係者に聞いた悪徳歯医者を見抜くマニュアルをお届けする。

 インプラント手術を歯科医に勧められたら、必ず「根管治療(歯内療法)ではダメなのか?」と質問することを勧める。抜く必要のない歯を抜こうとしている歯科医にとっては、意表をつく一撃になるだろう。

 根管治療は、虫歯菌に侵された神経を細い針金状のリーマーやファイルと呼ばれる器具で除去、薬で密閉する。それにより抜歯を避けられる可能性がある。

 ただし、根管の孔は肉眼では見えないほど小さく、太さや形も複雑。治療の難易度が高く、時間もかかる。

 日本の根管治療は3~5割の成功率と報告されているが、根管治療の成功率を劇的に上げたのがマイクロスコープだ。日本歯内療法学会・理事の小林優氏(東京・村岡歯科医院)は、早くから根管治療にマイクロスコープを使用してきた一人だ。

「マイクロスコープを使うことで、根管の孔などを可視化できるようになりました。これまでの根管治療は、手探りでやっていたようなものですから、全く次元が違う治療です。その代わり、一回の治療は90分くらいかかります」

 マイクロスコープを使用した根管治療の成功率は90%以上。さらに小林氏は、もう一つポイントを挙げた。

「しっかりした根管治療を行なう歯科医は必ずといっていいほど、『ラバーダム』を使用しています。これは治療する歯だけ露出させて口をカバーするもので、雑菌が交じった唾液が患部に侵入するのを防ぎます。小さいファイル等を患者が飲み込む事故防止にもなりますので、ラバーダムは必須です」

 つまり、根管治療を受ける場合にはマイクロスコープとラバーダムを使っているか、必ず聞くべきだろう。

 ちなみに小林氏も一人あたりに時間をかけて治療するため、自由診療のみ。費用は1時間あたり2万~3万円。大抵の場合は数回の通院で完治する。保険による根管治療の約9000円(10回通院した場合の自己負担額)と比べると高額だが、抜歯してインプラント手術なら1本あたり30万~40万円になると頭に入れて検討してほしい。

●文/岩澤倫彦(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2016年9月9日号

最終更新:9/2(金) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革