ここから本文です

正力松太郎を操ったCIA局員の人生

NEWS ポストセブン 9/2(金) 7:00配信

 戦後史家・有馬哲夫氏が新たに公開された機密文書から戦後秘史を読み解く『SAPIO』の連載。今回は、「原発の父」こと正力松太郎氏を操ったCIA職員について有馬氏が綴る。

 * * *
 長官や副長官などを除いてCIA職員の姓名や身元を明かすことはアメリカの法律で禁じられている。したがって、アメリカの公文書はCIAの外国人アセット(*1)や協力者についての情報は公開するが、彼らと接触したCIA局員のものは公開しない。

【*1:IAが当該国で工作などに利用する人物。たとえば緒方竹虎や野村吉三郎なども。本人が利用されていると知っている場合と知らない場合がある】

 ただし、ごくまれに、彼らの情報が公開されてしまうケースがある。彼らが裁判や議会で証言を求められた場合だ。

 とくに、後者の場合は、秘密機関に所属していたことはあまり考慮されない。

 ダニエル・S・ワトソンが1977年に姓名と身元を明かすことになったのも、アメリカ下院の調査委員会から証言を求められたからだ。

 このワトソンこそは、1954年に読売新聞社主・正力松太郎の秘書の柴田秀利(のちの日本テレビ専務)に接触し、彼を通じて正力をアセットとして獲得し、読売新聞と日本テレビを使って反原子力・反米世論を鎮めたCIAのケース・オフィサー(*2)だった。

【*2:当該国で情報提供者や協力者をリクルートし、情報提供させたり、工作に利用したりするCIA局員】

 ワトソンが証言した調査委員会とは、アメリカ下院暗殺問題調査特別委員会のことで、1963年に起こったケネディ大統領の暗殺に関する再調査を行うために1977年に設置されたものだ。ワトソンは、調査委員会に対し、自分は1965年から2年間CIAメキシコ支局で非公然プロパガンダ(*3)に携わり、1967年から1969年までは副支局長だったことを明らかにした。

【*3:当該国民に、それがある目的を持って行われているものだと気づかれないように行うプロパガンダ】

1/4ページ

最終更新:9/2(金) 7:00

NEWS ポストセブン

なぜ今? 首相主導の働き方改革