ここから本文です

6割以上の女子「彼氏の口が臭くても言えない」

R25 9/2(金) 7:00配信

最愛の人とは、何でも言い合える関係でありたいもの。でも、大好きな恋人だからこそ注意や指摘がしづらいこともある。デート中に起こり得る、そんな「気になるけれど、恋人に指摘しづらいこと」について20~30代の独身女性会社員200人にアンケートを実施した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈デート中、彼氏に注意しづらいことTOP10〉

1位 口臭がきつい 63.5%
2位 鼻毛が出ている 39.5%
3位 食事のマナーが悪い 32.0%
4位 店員への態度が横柄 28.0%
5位 遅刻をしてきても謝らない 23.5%
6位 ファッションに気合を入れすぎてTPOに合っていない 23.0%
7位 電車内で電話するなど、公共マナーが悪い 19.5%
8位 食事の後、歯に青のりなどがついている 19.0%
9位 香水がきつい 18.5%
10位 電車などの公共スペースでの声が大きい 15.5%

ランキングは、1位【口臭】や2位【鼻毛】などの本人は気付きにくい体に関するハプニングと、4位【店員への態度が悪い】や5位【遅刻を謝らない】などのマナー違反な態度に二分。なかでも【口臭】は「指摘しづらい」との回答が6割以上。指摘をせずに耐えている女子が多そうだ。では、各シチュエーションに対してなぜ指摘しづらいのか、その理由も聞いてみた。

【1位 口臭がきつい】
「プライドを傷つけそうで指摘しづらい」(29歳)
「臭いはデリケートな問題なので指摘しにくい」(36歳)
「自分さえ我慢すれば相手を傷つけないので、言わなくてもいいかなぁと思ってしまう」(36歳)
「体のことはあまり指摘するのは悪いから。 病気など、治しにくいものが原因だと気まずいから」(27歳)
「気をつけてるけどしょうがない場合もあるかもしれないから」(24歳)

【2位 鼻毛が出ている】
「言いにくいし、相手もショックを受けそう」(27歳)
「鼻毛が出てても切るモノがない」(37歳)
「自分が言われるときついから」(33歳)
「指摘してもその場ですぐには直せないし、お互い気まずいと思うから」(33歳)

【3位 食事のマナーが悪い】
「母親が注意をしているみたいに受け止められそうだから」(29歳)
「育ちの悪さを指摘するようで、気が引ける」(37歳)
「美味しく楽しく食べたいので、注意して気を悪くさせてしまったら嫌なので」(30歳)
「楽しく食事しているときに、注意して雰囲気が悪くなってしまいそうなので。マナーの悪さは染み付いたもので、注意してすぐに改善されるものでもないので」(35歳)

【4位 店員への態度が横柄】
「言いたい気持ちもたくさんあるけど、言うと絶対に不機嫌になるため」(24歳)
「人間性の問題だから、人格を否定するようで」(36歳)
「まわりに優しくない人は、いずれ自分にも攻撃がくると思うから(それまであえて指摘しない)」(34歳)
「その店員さんを前にしてだと指摘の仕方が難しいし、説教されたと彼氏に逆恨みされそうなので怖くて言えない」(28歳)

【5位 遅刻をしてきても謝らない】
「あきれて言葉にならないと思うから」(25歳)
「謝ってってお願いしてもその後の空気が悪くなりそう」(24歳)
「指摘すると機嫌が悪くなり、後々めんどくさい」(30歳)
「他人に指摘されて謝られてもうれしくないので」(34歳)

【6位 ファッションに気合を入れすぎてTPOに合っていない】
「本人は頑張っているのにそれは違うとは言いにくい」(28歳)
「頑張っておしゃれしようとしてくれた気持ちを踏みにじってしまいそうだから」(28歳)
「一生懸命考えた結果そのファッションになったのなら言えない」(30歳)

【7位 電車内で電話するなど、公共マナーが悪い】
「自分では悪いと思っていなそうなので指摘しにくい」(30歳)
「彼と付き合いたての頃、年上の彼ということもあり、なかなか言いにくかった」(28歳)

【8位 食事の後、歯に青のりなどがついている】
「相手も恥ずかしいだろうから」(26歳)
「指摘しなくてもそのうち気づくかなと思った」(35歳)

【9位 香水がきつい】
「香り(の好み)は人それぞれなので」(38歳)

【10位 電車などの公共スペースでの声が大きい】
「人前なのでいろいろ気になる(けど言えない)」(30歳)

多くの女子が、「デートの楽しい雰囲気を壊したくない」「彼氏を傷つけたくない」という理由で、指摘するのをガマンしている様子。このほか、【チャックが開いている】「見てると思われたくない」(29歳)のように「指摘する側が恥ずかしい」という意見や、【ゴミをポイ捨てする】「お付き合いをすぐにやめると思うので、指摘しない」(31歳)など、「見切りをつける」といった手厳しい声も。

もしかするとあなたの彼女も、デート中に言い出せないだけで「指摘したいこと」を胸に秘めているかも? お互いに心からデートを楽しむためにも、マナーやエチケットには普段以上に気をつける必要がありそうです。

(有栖川匠)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/20(火) 22:40

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。