ここから本文です

静香「なぜ私が黒幕?」と困惑、さんまが見かねて木村派宣言

NEWS ポストセブン 9/2(金) 7:00配信

 解散発表後、5人のメンバーが初めて顔を揃えた『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録(8月24日)。スタジオに部外者が入らないよう、その収録限定のパスが発行されるなど、異例の厳戒態勢で撮影が行われた。

「ピリピリとした雰囲気ながら、収録は恐ろしいほど静かに粛々と終わったそうです。メンバーが舞台裏で言葉を交わすことは一切ありませんでしたが、本番では中居(正広)さん(44才)も木村(拓哉)さん(43才)も明るい雰囲気を作ろうと必死に気を配っていました。香取(慎吾)さん(39才)も笑顔を作っていた」(テレビ局関係者)

 9月初旬放送のビストロSMAPのゲストは橋下徹・前大阪市長。歯に衣着せぬ彼は収録中に解散の話題に触れたという。

「中居さんがなんとか会話を捌いたそうですが、その部分がどれだけカットされずに放送されるかどうか…。それでも、メンバーには年末の最終回までSMAPをやり遂げようという決意が感じられました」(前出・テレビ局関係者)

 そんな中、ある大物芸人の一言が波紋を呼んでいる。

「派閥でいくと、はっきり言うわ。オレは木村派や」

 8月27日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、後輩芸人に「中居派かキムタク派かどっちなんですか」と聞かれた明石家さんま(61才)は躊躇なくこう断言した。

 同日放送のMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』でもさんま節は全開。解散は「早まったこと」と断じた上で、7月下旬に中居と共演した際、「メンバーの仲は知らんけど、ファンだけは大事にしろよ」と忠告したことを明かした。

 さんまと木村の仲はよく知られている。木村は最新のインタビュー(『SWITCH』8月号)で、かつては“キムタク”と呼ばれることに違和感を持っていたが、さんまとの出会いで変わったとこう明かしている。

《それまでずっと抱えていた『何でそんなこと気にしなきゃいけないんだ?』といった思いを、あの人は『なんでやねん?』の一言で片付けてしまった。『いやいや、お前あれやで、生かされてんねんで俺ら』と言われた瞬間、あんなに重たかった荷物が全てなくなった。救われたんでしょう》

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。