ここから本文です

W杯最終予選で黒星発進の日本代表ハリル監督「まったく希望は失っていない」

東京ウォーカー 9/2(金) 6:45配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選が、9月1日(木)に開幕した。

【写真を見る】先制ゴールを喜ぶ本田圭佑選手や香川真司選手ら

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、1日にホームの埼玉スタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)代表と初戦を行った。

日本代表は11分に、本田圭佑選手のヘディングシュートで先制に成功。ところが、20分と54分にUAE代表のアハメド・ハリル選手にゴールを奪われ、1-2の逆転負けを喫した。

日本代表を率いるヴァイッド・ ハリルホジッチ監督は、試合後の記者会見で戦いを振り返って「この結果で、現時点での我々の実力が示された。これを受け入れるしかない」と語った。

黒星スタートとなったが、最終予選は来年9月までの長丁場。6チームでの2試合ずつの総当たり戦となるため、残りは9試合となる。ハリルホジッチ監督も、「本当にこの結果がひどいものであっても、もっともっと良くなると期待している」とコメント。「批判をしっかり受け止めて、しっかりトレーニングを続ける。まだまだ最後ではない」と、巻き返しを誓った。

日本代表は9月6日(火)に行われる第2戦で、タイ代表と敵地で対戦。次戦に向けては、「いくつかの点は修正しないといけないが、希望は常に追求しているし、より良い試合ができると信じている」と語るとともに、「タイ戦はより強い気持ちで、まずは疲労を回復して、勝利を求めるだけだ」と、力強く口にした。

「まったく希望は失っていない」という指揮官を信じて、日本代表をサポートしていこう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/2(金) 6:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。