ここから本文です

明石家さんまの引き笑いの音階が明らかに!?

Smartザテレビジョン 9/2(金) 7:00配信

9月3日(土)放送の「さんまのまんま」(昼1:56-2:25カンテレ)に、「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で20歳のときに日本人として初優勝し、盲目のピアニストとして注目を浴びた辻井伸行が登場する。

【写真を見る】“まんまコーナー”では、辻井が明石家さんまをイメージした曲を即興で披露

辻井はピアノを4歳で本格的に始めたが、生後8カ月のときには既にCDの音楽に反応していたという。明石家さんまはそのときの曲「英雄ポロネーズ」を「どういう曲や?」と辻井に歌わせようとするが、辻井は「歌はちょっと…」と照れてしまう。

また、さんまは辻井の絶対音感をグラスをたたいて試す。さらに、さんまの「ヒャーッ」という引き笑いの音階も明らかになる。

そして、辻井が目下の悩みを「彼女がいないこと」と明かすと、さんまは女子アナとの飲み会を提案。すると、辻井は「モテるコツを教えてください」と乗り気に。さんまも「君、女の子に関するトークは厚かましいね?」と思わずツッコむ。

※フジテレビでは9月3日(土)昼2:00-2:30に放送

最終更新:9/2(金) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。