ここから本文です

本田圭佑、W杯最終予選での巻き返し誓う「残り9試合すべて勝つつもりで」

東京ウォーカー 9/2(金) 7:45配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選が、9月1日(木)に開幕した。

【写真を見る】サッカー日本代表、世界への道!W杯アジア地区最終予選 「日本代表×UAE代表」全21点

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、1日にホームの埼玉スタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)代表と初戦を行った。

日本代表は11分に、本田圭佑選手のヘディングシュートで先制に成功。ところが、20分と54分にUAE代表のアハメド・ハリル選手にゴールを奪われ、1-2の逆転負けを喫した。

敗れたものの、本田選手は「試合において最も印象的な選手」に贈られる、「マン・オブ・ザ・マッチ」に輝いた。試合後には、「期待とは真逆の結果に終わってしまったということは、本当に受け入れがたい」とコメント。

しかし、「この1試合ですべてが終わるというわけではないことを、ポジティブに受け止めたい」とも口にし、「残り9試合、すべて勝つつもりで、気持ちを前に切り替えたいなと思っています」と語った。

来年9月まで実施される最終予選は、各国2試合ずつの総当たり戦で、グループ上位2カ国に本大会への出場権が与えられる。日本代表の入るグループBには、UAE代表の他、タイ代表、オーストラリア代表、サウジアラビア代表、イラク代表が同居する。

日本代表は9月6日(火)に行われる第2戦で、タイ代表と敵地で戦う。10月6日(木)の第3戦では、埼玉スタジアムでイラク代表と対戦する。

巻き返しを誓う日本代表の戦いぶりを、今後も注目していこう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/2(金) 12:56

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革