ここから本文です

京都御苑の周辺で食べたい!必食の京グルメ5選

東京ウォーカー 9/2(金) 13:40配信

世界に誇る観光地、京都。中でも、歴代天皇が居住した京都御所を含む、広大な国民公園の京都御苑は、緑豊かで静かな雰囲気が漂う憩いの場となっている。近くには、おしゃれなカフェやマンガミュージアムが並んでいるのも魅力的。時間をかけて散策したいエリアで、ゆったりとおいしいグルメも楽しむために、京都御所の周辺で食べたい“必食”の京グルメを紹介しよう!

【写真を見る】昭和初期に建てられた味のある店内/村上開新堂

■ クッキーよりソフトな焼き菓子!

1907年創業の京都の洋菓子の老舗「村上開新堂」。レトロな雰囲気に引き込まれるようにして、訪れる人の多くが買い求めるのが、生地を2層にして焼き上げるクッキーよりソフトな焼き菓子「ロシアケーキ」(各種194円)。クッキーもそろうが、要予約で平均2~3か月待ちという人気っぷり。また、「寺町バニラプリン」(497円)もおすすめで、濃厚な味わいとなめらかな口溶けがクセになる!

■ 世界的パティスリーとのコラボに注目!

ザ・リッツ・カールトン京都のザ・ロビーラウンジにある「ザ・リッツ・カールトン京都ザ・ロビーラウンジ」。一押しは、パティスリー界のピカソと呼ばれるピエール・エルメ・パリが監修の「コンチネンタル・ブレックファースト」(3417円)で、朝から贅沢なひと時を過ごして、京都御所を巡れば確実の1日になるはず!

■ 町家カフェで味わう、名物かすてら

京町家をリノベートした「然花抄院 京都室町本店」。とろとろで、もちっとした食感の紙焼きかすてらの「然」かすてらは、丹波黒豆を食べ京都で育った鶏の卵を使用した、濃厚な黄身味が特長。セットメニュー「然ノ膳」(1000円~)でも楽しめるので、京素材の味をゆったりと堪能しよう!

■ 町家を改装した二条通の名物カフェ

天井まで届く大きな本棚が印象的な、町家を改装したカフェ&ベーカリー「Caf Bibliotic Hello!」。終日注文OKの「骨付きチキンと野菜のカレー」(1020円)は、鶏肉と旬の野菜の旨味がたっぷり!

■ 和菓子の老舗が作る個性派かき氷

創業から約100年の和菓子の老舗「二條若狭屋 寺町店」。2階の茶房では、5種のシロップで味わえるかき氷「彩雲」(1512円)や、「季節の生菓子とお茶のセット」(972円~)などが味わえる。ゆっくり過ごすなら平日の午前中がおすすめだ!

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9/12(月) 16:03

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。