ここから本文です

“文豪兼モデル”の菅田将暉に石原さとみが一目ぼれ!

Smartザテレビジョン 9/2(金) 13:57配信

10月よりスタートする、日本テレビ系水曜ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」。同ドラマの追加キャストが発表され、石原さとみ演じる河野悦子が一目ぼれする大学生・折原幸人を、菅田将暉が演じることが明らかになった。

【写真を見る】石原さとみ演じる河野悦子は、幸人(菅田)と出会い一目ぼれ。悦子の恋は成就するのか?

同ドラマは、宮木あや子の「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)を原作とした“お仕事ドラマ”。ファッション誌の編集者となることを夢見ながら、出版社の「校閲部」に配属されてしまった河野悦子(石原)が、校閲者としての仕事を超えてさまざまなトラブルを巻き起こしていく姿を描く。

今回菅田が演じる幸人は、その容姿からファッションモデルにスカウトされるイケメン大学生。正体を隠しているが、実は作家であり、小説の校閲を通して悦子と関わることになる。

菅田は、「『地味にスゴイ!』というタイトルにもあるように、校閲という仕事を舞台にした、地味なところにスポットを当てたドラマです。僕自身も淡々と物を作ったりするのが好きですし、役者業も実は孤独で地味な作業の積み重ねです。

どんな職業でも地味な作業に支えられたうえで、光の当たる華々しい場所が生まれると思います。なかなかドラマでは取り上げられないような題材を描く、非常に面白いドラマになると思います」と、“校閲”というテーマに興味津々の様子。

自身の役どころの印象を聞かれると、「僕が演じるのは、折原幸人という大学生。大した不満も無ければ、大きな幸せも感じていない、とてもふわふわしている人です。

元々は作家なんですが、ふとしたきっかけでモデル業に進んだり、行き当たりばったりの言動もあったり、幸人がその時々で楽しそうな方向に流れていく感じは、今の時代を反映している役なのかなと思っています」と、冷静な視点で語った。

主演の石原との共演については、「初共演は舞台('12年に上演された『ロミオ&ジュリエット』)でした。石原さんは誰よりも明るくて、誰よりも愛嬌(あいきょう)があって、いつも周りに人が集まってくるような方。

今回も石原さんを中心に共に作品を作っていきますが、当時大変お世話になったので、僕が力になれることがあれば『お役に立ちまっせ』というところを見せたい。役者として先輩ですが、フランクで心地よい距離感で優しく接してくださる方なので、楽しんでお芝居していきたいと思います」と意気込みを明かした。

最終更新:9/2(金) 13:57

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革