ここから本文です

広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志「青春偏差値」が高いのは誰?

Smartザテレビジョン 9/2(金) 17:11配信

広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志という4名の若手俳優が集結した映画「四月は君の嘘」。キャストによるリレー連載第5回は、4名全員がそろった対談の前編。先日、4人がロケ地であり“青春偏差値日本一”のキャッチコピーを持つ神奈川県立鎌倉高校にサプライズ凱旋し、盛り上がった“青春妄想”トークをお届けします!!

【写真を見る】広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志の撮り下ろしグラビアはコチラ

■ 青春妄想トーク1「広瀬すずはしらすを獲りたい」

中川「すずちゃんは鎌倉高校に転校したら、朝、しらすを釣って、お昼ご飯にするんだよね?」

広瀬「そうだよ!」

中川「でもさ、しらすって釣るの? 網じゃないの? ちょっと思ったんだけど」

広瀬「誰かが釣るって言ってたよ」

山崎「しらすって…網でしょ、網」

中川「しらすは船に乗ってさ…」

石井「だから、獲りに行くの(笑)」

広瀬「そ、しらすは獲りに行くんだよ。…何?(中川をにらむ)」

中川「すいません(笑)」

山崎「そこにこだわるなよ」

中川「まあ、そこは。まあまあまあ」

広瀬&石井「(笑)」



■ 青春妄想トーク2「中川大志はスケボー、山崎賢人は波に乗って登校する」

山崎「大志はスケボーで登校するんでしょ?」

中川「そう…ッスね」

山崎「オレ、波! 波に乗って登校する」

石井「何…、それ(笑)。どこに住んでるの?」

広瀬「海の上でしょ?」

山崎「島なら江ノ島。あるいは、海の中?」

広瀬「人魚なんです!」

山崎「そ、オレ、人魚なんです。竜宮城に住んでいます…、って設定だからね。鎌倉高校に通っているって設定だから、全部妄想だよ」

中川「鎌倉高校に通っていたとしたら…」

山崎「東京から通っているというのもナシだから、やっぱり波乗りだよ」



■ 青春妄想トーク3「石井杏奈は秘密の恋をする」

広瀬「杏奈ちゃんは、秘密の恋!」

石井「そう、禁断なの(笑)。校内ではバレちゃいけない」

山崎「切ないね」

中川「誰も来ない屋上に2人で行きたいんだけど、行けないからハイライダー(高所作業車)を用意して」

石井「そう。ウィーンってね(笑)」

中川「ハイライダー……、バレるよ!」

石井「アハハ」

山崎「ハイライダーを用意した時点でバレる」

中川「杏奈ちゃん、自分で運転するんでしょ」

石井「自分で運転していくの?」

山崎「どうやって上がるんだよ」

石井「まあ、設定だから。妄想だからいいの」



■ 「青春偏差値」が高いのは誰?

石井「青春偏差値が高いのは、やっぱり賢人くんだよね」

山崎「仕事での青春偏差値は高いよ(笑)。何回も高校生を演じているから」

石井「仕事以外でも青春偏差値が高そうな気がする」

山崎「いやいやいや(笑)」

中川「青春偏差値は、ね。もう一度言うけど…、青春偏差値は高いよ」

山崎「普通の偏差値は?」

石井(笑)

中川「普通の偏差値? …それはちょっと(笑)」

広瀬「笑ってる」

山崎「みんな同じくらいかな?」

中川「同じぐらいでしょ」

広瀬「みんながいれば、恐くない! みんな一緒なら、恐くない」

中川「勇気が湧いてくる、この4人がそろえば」

広瀬&石井 (笑)

中川「自分はまだ頑張れるって思うもん(笑)」

山崎「青春偏差値ってすごい言葉だよね。もし通うなら、眩しい陽射しを背にして歩きたいな」

中川「それって、別に鎌倉高校じゃなくてもできると思うよ」

山崎「あ、“スラムダンク”の世界に入っちゃった、ゴメン(笑)」

広瀬「でも、あの帰り道はいいよね」

中川「うん。帰り道に海が見えるんだよ。良くない?」

広瀬「毎日歩き回って、帰りたい!」

中川「でも、毎日歩いて、あの風景に感動しなくなっちゃうと思ったら寂しいよね」

山崎「慣れって怖いよ」

中川「慣れちゃって、その感動が薄れるのはなあ」

山崎「だから毎日、その感動を感じて、感謝して、生きていきたい」

石井(笑)

中川「うーん、いいことを言った(笑)」

山崎「もしかしたら、鎌倉高校にいる子たちは、東京の学校に通っていたらという妄想をしているかもしれないし、それぞれにそれぞれの良さがあって」

中川「ない物ねだり、ね」

山崎「それを実感していくことが…、まあ、日本の平和につながるというか…」

広瀬&石井&中川「………」

山崎「何?」

広瀬「情熱大陸を見てるみたい(笑)」

広瀬&山崎「(情熱大陸のテーマを口ずさむ)」

中川「それ、面白いけど原稿にできないから。野球部が打ったボールがそのまま海に飛んでいっちゃうのってありそうだよね」

広瀬「江ノ島にあった! とかね」

石井「そこまで?(笑)」

山崎「打ったボールが音楽室に入ってくる感じで?」

広瀬「妄想だから」

石井「そうだ、妄想だった」

広瀬「学校帰りに江ノ島までの橋(江ノ島大橋)は歩きたい!」

石井「うんうん」

広瀬「それこそ好きな人とだったら、何かいいなあと思う」

山崎「好きな人がいること、かあ」

石井「番宣してる!(笑)」

中川「宣伝するなよ」

広瀬「バレちゃった(笑)」

山崎「あ、すいません(笑)」

最終更新:9/2(金) 17:15

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。