ここから本文です

「獺祭」の酒粕を使った老舗和菓子屋のかりんとう

東京ウォーカー 9/2(金) 18:23配信

1818年創業の老舗和菓子屋と世界的人気を誇る日本酒のコラボレーションが実現。日本橋榮太樓「酒粕かりんとう 純米大吟醸獺祭酒粕使用」(税抜260円)が、9月5日(月)から販売される。

【写真を見る】世界的人気を誇る日本酒「獺祭」の酒粕を使用

東京日本橋の和菓子屋「榮太樓總本鋪」が、山口県岩国市の「旭酒造株式会社」が製造する純米大吟醸「獺祭」の酒粕を使用し開発した、風味豊かなかりんとう。すっきりとしながらも華やかな香りが特徴の「獺祭」の酒粕を、かりんとうにかける蜜にたっぷりと含ませ、生地もサクサクと軽やかな食感に仕立てられた。

夢のコラボから生まれた極上のかりんとうを、是非味わってみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9/2(金) 18:23

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。