ここから本文です

パイ専門店「パイフェイス」に“秋の総菜パイ”登場

東京ウォーカー 9/2(金) 19:43配信

ダスキンが運営するオーストラリア発祥のパイ専門店「パイフェイス」が、9月5日(月)より期間限定メニュー「Pie Stack(パイスタック)」(594円)を新発売!その味わいは一体どんなものなのか…!?気になる記者はひと足早く食べてきた。

【写真を見る】スイーツパイの「かぼちゃのプディング」(320円)と、セイボリーパイの「かぼちゃとベーコンのタルタル」(390円)

「Pie Stack」は、オーストラリアで人気の“パイの食べ方”を再現し、トッピングを日本向けにアレンジした期間限定商品。香ばしく焼き上げたパイの上に、サワークリームオニオンポテトとアボカドのペーストを“STACK(重ねる)”し、デミグラスソースをかけたメニューとなっている。

パッと見、クリームたっぷりのスイーツのようにも思えたが、実際は、セイボリー(総菜)パイ(7種類の中から選ぶ)の上にポテトとソースをのせた、ランチにぴったりのひと品。記者は、ベースとして黒胡椒やクミンなどのスパイスで味付けしたミートパイ「クラシックミンスビーフ」を選び、「『Pie Stack』でお願いします」とオーダーした。

本場ではグリーンピースをすり潰したものをトッピングした食べ方も多いそうだが、ここではアボカドのペーストをON。とっても食べやすく、クリーミーに仕上がっている。そして、パイはサクサクで繊細な仕上がり。たっぷりのサワークリームオニオンポテトとコクのあるソースもマッチしていた。

「ひとつのプレートで、サラダ(トッピングの部分)とお肉(パイの中身)を召し上がってくような感覚ですね」とは同店広報担当者。しっかりボリューム感があり、こだわりのコーヒーと共にいただくと、かなり満足度が高かった。

同店では他に、10月1日(土)からスイーツパイの「かぼちゃのプディング」(320円/数量限定)と、セイボリーパイの「コーンブロッコリー」(390円)、「かぼちゃとベーコンのタルタル」(390円/数量限定)を発売。

「かぼちゃのプディング」は、カラメルソースを染み込ませたチョコスポンジと、カボチャ&クリームチーズで作ったプリンを入れたパイ、「コーンブロッコリー」は北海道十勝産のつぶコーンとブロッコリーを入れたパイ、「かぼちゃとベーコンのタルタル」は北海道産カボチャとゆで卵のタルタルソース、厚切りベーコンを入れたパイとなっている。【ウォーカープラス編集部/Raira】

最終更新:9/5(月) 19:25

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。