ここから本文です

3.11で全員避難 海から250mの特養ホーム「赤井江マリンホーム」になぜ奇跡が?

週刊女性PRIME 9/2(金) 11:06配信

津波はさざ波程度だろうと思っていた

「あの日、利用者の白寿を祝う式典があり、片づけていると揺れてきました。震度3くらいかと思っていると、経験したことのない大きな揺れが襲ってきました」

 そう話すのは、宮城県岩沼市の海岸から約250メートルのところにあった特別養護老人ホーム『赤井江マリンホーム』(小助川進園長)の生活相談員・我妻信幸さん(34)。

 2011年3月11日14時46分、東日本大震災が発生した。激しい揺れの中で、何度も壁にぶつかりながらボイラーの点検に向かった。自動停止しているのを確認した後、ラジオを探す。

「情報を取らないといけないのでラジオを探しましたが、揺れで散らかっていたので、電池が見つかりませんでした。そのため、施設の車のラジオをつけ、大音量にしました。みんなに伝える手間が省けます」

 当時の利用者は、特養とショートステイ、デイサービスを合わせて96人。職員は48人。計144人に不安と緊張がよぎった。

 施設は平屋建てだったこともあり、職員たちは利用者をすぐにラジオの音が聞こえる玄関先に集めることができた。津波警報が聞こえた。予想される津波の高さは当初3メートルだったが、最終的に10メートルにも及んだ。

 施設と海岸の間に松林があり、海が見えない。我妻さんは堤防の高さ(7・2メートル)を知らなかった。

「津波はさざ波程度だろうと思っていた。ただ、念のため避難をするようになるだろうとは考えました」

津波が施設を襲ったのは全員が避難したわずか1分後

 ラジオでは、津波到着予想時間を「仙台港に15時40分」と伝えていた。助かるには、この時間までが避難のリミットだと意識した。

 小助川園長は仙台市内の会合に出席のため、連絡がつかない。介護職員と話していると10メートルの津波警報とわかり、事務長は約1・5キロ北側の仙台空港に避難すると決め、すぐに指示した。

「公用車をすべて玄関前へ」

 職員たちはリフト付きバスなど13台を玄関先に配置した。また毛布や非常食、医薬品、利用者のケース記録を車に詰め込んだ。

 ワゴン車は本来、車イス2人乗りだが、その介助者2人のほか8人の利用者を一気に乗せた。この第1陣の車は我妻さんが運転した。

「玄関先に利用者さんたちが集まっていたので、迅速に出発できました」

 空港に向かうと最も手前にある橋には地震によって段差ができ通行禁止状態。回り道をして耐震工事をすませていた「相野釜橋」を渡った。この橋も崩れていたら、無事に避難できたかわからない。空港に着いたのは15時10分。玄関前に利用者を降ろした。しかし施設ではほかの利用者が待っている。空港職員に「まだ多くの高齢者が避難してきます」と伝え一目散に戻った。途中、施設の車とすれ違い、橋のことを伝えた。

 施設に着くと、市から3台の送迎車が応援に来ていた。再び、仙台空港に着いたのは15時35分。このころ小助川園長は岩沼市に向かって歩いていた。メールを送っていたが、15時37分、ようやく「空港に移送中」との返事が届いた。

「10メートルの津波では堤防を越えることは確実です。ダメかもしれないと何度も不安がよぎりましたが、現場の判断がよかった。ちゃんと逃げてくれると思いました」

 津波が施設を襲った時間は、時計が止まっていた15時56分とみられる。全職員が避難した、わずか1分後。間一髪だった。

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 11:06

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)