ここから本文です

この秋はリップで冒険したい! “私に似合う色”の見つけ方、教えます!

集英社ハピプラニュース 9/2(金) 22:00配信

「MAQUIA」10月号では『絶対似合う!冒険リップが見つかる本』を掲載中。今回はあなたに似合うリップを見つける方法をご紹介します。


【教えてくれたのは…】
イメージアップコーディネーター 矢吹朋子さん
ブラッシュアップStyle主宰。商社勤務、ブライダル業界を経て現職に。5000人以上を診断した経験から独自のカラー診断ルールを編み出し、各方面で活躍。


◆私に似合う冒険リップはどう見つける?
>>肌の色と瞳の色から導き出す診断から、見つけて

せっかく買ったコスメが似合わない、という経験はありませんか? 実は、やぼったい、老けて見える、地味に見える、印象に残らないなどの原因は、似合わない色選びをしているから。中でも、リップはその人の印象や肌の美醜にまで大きく影響するアイテム。ですから、しっくり似合って美人度がアップする色を導き出す、パーソナルカラー診断をぜひ! チェックすべきは、肌の色、瞳の色だけ。二の足を踏みがちな濃い色リップも、難なく似合う1本が見つかりますよ。(矢吹さん)


似合う1本は
肌の色  ×  瞳の色
に合わせて選ぶのが正解


◆この秋、冒険したいリップはこんな色
≪赤≫
力強さやエネルギー、前向きさ、暖かさがイメージとなる血色カラーは、引き続きトレンド。今秋はより深みのある色合いもIN。

≪ベリー≫
今季注目のベリーカラーは、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、カシスなど色の幅が広いのが特長。女っぷり上げ効果も抜群。

≪オレンジ≫
親しみやすさ、陽気さを感じる元気色、オレンジカラー。この秋はポップになり過ぎず、大人が使いやすい落ち着いたオレンジが豊富。


◆あなたの肌の色×瞳の色から4つのタイプに分類
【肌の色】
≪気になるくまの色で判別≫
肌の色は、黄み系の「イエロー肌」と頬に赤みが出やすい「ブルー肌」の2つ。迷った時には、目の下のくまの色でも判別可能。基本、自分にない色素の色が目立つので、青ぐまが気になる人はイエロー肌、茶ぐまが気になるならブルー肌に。

【瞳の色】
≪瞳の色素の明度が決め手に≫
ガラス玉のように明るい瞳、優しい黒の瞳、光がまぶしい人は、「明るめの茶orソフトな黒の瞳」タイプ。温かみのあるダークブラウンの瞳、瞳の色が濃い、白目と黒目のコントラストがはっきりした人は、「こげ茶or黒い瞳」タイプ。



<あなたに似合う冒険リップはこちら!>

≪明るい茶orソフトな黒の瞳 × イエロー肌・青ぐまタイプ≫
★スプリングタイプ
4つのタイプの中でいちばん色素が薄く、肌や瞳の彩度が高いスプリングタイプは、いつまでも少女らしい、ピュアな象が持ち味。色を選ぶ際は柔らかさや軽やかさがポイントとなるので、冒険リップは透明感のあるクリアな質感のものやビビッドな発色のものを選んで。

◇ピュアベリー…彩度の高い色で軽やか
◇オレンジレッド…オレンジでポップに
◇ブライトオレンジ…もぎたてのジューシィさ


≪明るい茶orソフトな黒の瞳 × ブルー肌・茶ぐまタイプ≫
★サマータイプ
日本人にいちばん多いサマータイプは、ソフトさや透明感の高さがのぞく、知的で上品な印象。柔らかな暗いトーンやパステル系のグラデーションがもっともマッチするから、冒険色リップも彩度がやや低めのもの、またはシアーなパステルトーンのものを選ぶと間違いがない。

◇フューシャベリ―…女らしさがぐっと増す
◇ローズレッド…赤に青みをひとさじ
◇サーモンオレンジ…ほんのりニュアンスが正解


≪こげ茶or黒い瞳 × イエロー肌・青ぐまタイプ≫
★オータムタイプ
頬に赤みのないクリーム系の肌を持つオータムタイプは、優しい雰囲気、または大人っぽく艶やかな印象。このタイプは血色感がなく、疲れて見えやすいので、温かみのある暖色系のカラーで血色をアップすることが先決。また、マットな質感やしっかり発色のものを選ぶと◎。

◇ダークベリー…熟れた果実色がぴったり
◇ウォームレッド…温かみを感じる深みレッド
◇アプリコットオレンジ…赤みを含めばオールOK


≪こげ茶or黒い瞳 × ブルー肌・茶ぐまタイプ≫
★ウィンタータイプ
コントラストがはっきりしたウィンタータイプは、凛とした美しさやクールさ、ゴージャスさが感じられる華やかな印象の人が多い。目力のある派手顔なため、軽やかなシアー発色のものも、反対にしっかり発色する重ための質感のものも、どちららもいい感じに使いこなせる。

◇カシスベリー…青みが強くビビッド
◇ボルドーレッド…シックなディープレッド
◇アイシーオレンジ…軽やかさで抜けを作る

集英社

最終更新:9/2(金) 22:00

集英社ハピプラニュース