ここから本文です

【自転車レース】ブエルタ第12ステージはククレールがサプライズ優勝!

CYCLE SPORTS.jp 9/2(金) 9:36配信

27歳でグランツール初優勝

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、9月1日にロス・コラレス・デ・ブエルナからバスク地方のビルバオまでの193.2kmで中級山岳区間の第12ステージを競い、集団ゴールスプリントでベルギーのイェンス・ククレール(オリカ・バイクエクスチェンジ)がサプライズな勝利を収め、グランツール初区間優勝を果たした。

リーダージャージのマイヨ・ロホはコロンビアのナイロ・キンタナ(モビスター)が守った。


第11ステージは、49km地点で越えたカテゴリー1のラス・アリサス峠を先頭で通過したダビド・ロペス(チームスカイ)、ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ)、ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ)、ダーウィン・アタプマ(BMC)、ピーター・ケノー(チームスカイ)の5人が、下りで集団から抜け出すことに成功し、ケニー・エリソンド(FDJ)とロマン・アルディ(コフィディス)が合流して7人の逃げグループになった。

7人は集団に2分以上の差を付けて、この日2つ目のカテゴリー3の峠を上り始めた。しかし、峠の下りで先頭を走っていたアタプマが転倒。彼はレースに復帰できたが、逃げに追いつくことができず、集団に吸収された。

ゴールまで残り42.2kmの、3つ目の峠の頂上を逃げが通過した時、集団はまだ1分50秒後方を走っていた。しかし、集団はアスタナが引き続け、ローカルラップに入ってゴール地点を通過した残り28.5km地点で、タイム差は20秒しかなかった。

結局逃げは最後の峠越えのふもとで全員吸収された。カテゴリー2の峠越えが始まると、1つになった集団からベルギーのドリス・デベナインス(IAM)がアタックし、最大で40秒差を付けて独走を続けた。

メイン集団では残り14.4kmでアルベルト・コンタドール(ティンコフ)がアタックしたが、抜け出すことはできなかった。デベナインスはフラム・ルージュの手前で吸収され、最後は峠越えで生き残った集団でのゴールスプリントになった。

そしてゴール目前でククレールが飛び出し、そのまま後続に十分な差を付けてフィニッシュラインを通過した。8月上旬に長男が誕生したばかりのククレールは、ゴール直後にゆりかごダンスを披露していた。

「今日はガールフレンドと息子が来ていたので、グランツールで初優勝できて素晴らしいよ」と、27歳のククレールは喜びを語っていた。

■第12ステージ結果[9月1日/ロス・コラレス・デ・ブエルナ~ビルバオ/193.2km]
1 イェンス・ククレール(オリカ・バイクエクスチェンジ/ベルギー)4時間31分43秒
2 マクシム・ブエ(エティックス・クイックステップ/フランス)
3 ファビオ・フェッリーネ(トレック・セガフレード/イタリア)
4 クリスティアン・ズバラリ(ディメンションデータ/イタリア)
5 ルイスレオン・サンチェス(アスタナ/スペイン)
6 ペリョ・ビルバオ(カハルラル・セグロスSA/スペイン)
7 ヤン・バークランツ(AG2R・ラモンディアル/ベルギー)
8 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)
9 シルバン・ディリエール(BMC/スイス)
10 マティアス・フランク(IAM/スイス)
68 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+7分41秒
124 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+19分25秒

■第12ステージまでの総合成績
1 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)46時間53分31秒
2 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+54秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+1分05秒
4 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+2分34秒
5 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+3分08秒
6 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+3分09秒
7 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+3分25秒
8 ミケーレ・スカルポーニ(アスタナ/イタリア)+3分34秒
9 ダビド・デラクルス(エティックス・クイックステップ/スペイン)+3分45秒
10 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+3分56秒
97 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+1時間35分41秒
103 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+1時間41分09秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)
■マイヨ・デ・ルナレス:ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
(第13ステージはオマール・フライレ(ディメンションデータ/スペイン)が着用)
■マイヨ・ブランコ:ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
(第13ステージはクリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)が着用)
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:ダビド・ロペス(チームスカイ/スペイン)

最終更新:9/2(金) 9:36

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。