ここから本文です

オバマも習近平も恐れを抱く世界最凶タブー宰相!メディア、市場経済を掌握するプーチン大研究

サイゾー 9/2(金) 15:00配信 (有料記事)

――元KGB職員にしてロシア大統領のウラジーミル・プーチン。彼の名をググってみると、真贋不明ながら数多くの伝説がひっかかる。いわく【おそロシア】である。イスラム国からも命を狙われるその強権的な手腕の源泉は何なのか? 日本ではあまり語られることのないプーチンの正体に迫る。

 さまざまな混乱を含みながら開催されたリオ五輪も、本誌が発売される頃には大詰めを迎えているはずだが、その開催に先立ち、ロシア選手の参加資格をめぐる波乱があったことを記憶している読者も多いだろう。陸上ほか、多数の選手が出場停止となったことに対し、国際社会に断固として抗議の声を上げたのは、やはりこの男だった。

 その名前は、ウラジーミル・プーチン。ドーピング疑惑による一連の出場停止問題に、「スポーツが地政学的な圧力の道具にされている」と、国際社会を向こうに回して一歩も引かないこのロシア大統領は、イスラム国に殺害予告されるほどの強硬な姿勢を見せながらも、自国民から圧倒的な支持を得ているという。

「プーチンに対するロシア国民の支持率は去年は89・9パーセントの最高支持率を得たそうですが、その支持の仕方には、絶対的に支持している人と、なんとなく支持している人の2通りがあります。ただ、いずれも共通しているのは、ソ連崩壊後混乱したロシアの経済や社会を短期間で立て直した有能さを支持しているということでしょう」

 こう説明するのは、NHKで長年ロシアを取材し続け、ロシアに関する著書もある馬場朝子氏。職業から住むところまでなんでも国が決めてくれたソ連時代から一転し、民主化したのが1991年。結果としてロシア国民の貧富の格差は一気に拡大し、社会は大混乱に陥った。その状態から、社会をまず安定した状況に持っていってくれた人物こそプーチンだということなのだ。本文:12,667文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9/2(金) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。