ここから本文です

本当にキムタクが悪いのか 独占激白!「元凶」と名指しされた工藤静香の反論

FRIDAY 9/2(金) 7:30配信

――ハワイ滞在中に解散を聞かされたとき、木村拓哉さん(43)はどんな様子だったのですか?

「彼がコメントしたとおりです。本当にビックリしていました……」

 8月27日夜、都内の自宅近くで工藤静香(46)を直撃すると、『姐さん女房』は言葉を絞り出すようにして答えた。

 さかのぼること約3週間前の8月10日、『事件』は起きた。香取慎吾(39)らメンバー4人がジャニー喜多川社長(84)に面会を申し入れ、「解散したい」と切り出したのだ。キムタクは前日に家族とハワイ旅行へ出かけていた。

 騒動が過熱する中も沈黙を続けていたキムタクだが、8月22日にハワイから帰国。不在時の『謀反』について、報道陣の前でこうコメントした。

「ハワイで初めて知った。本当に急な話の流れだったので、驚かせてしまったと思います。ごめんなさい。納得というか……去年の年末から今回の騒動に至るまで、自分自身は全然変わっていない」

 ならば、解散を知らされた時点で帰国し、存続のために動くという選択肢はなかったのか。工藤に聞いた。

「……かえって騒ぎが大きくなると思ったんじゃないかな。言いたいことはあるけど、立場上言えないし……」

――同時期にメリー喜多川さん(副社長・89)、藤島ジュリー景子さん(同・50)親子が示し合わせたようにハワイへ旅行していた、と女性週刊誌が書いていました。

「ないない! ハワイに着いてから(メリー親子が)来ていることを知ったくらいですから。どこに滞在しているのかも聞きませんでした」

――会っていないんですか?

「だって、(バカンス中に)連絡するの嫌だもん。彼も連絡取っていないと思う」

――工藤さんが独立に反対。木村さんを翻意させたから、SMAPは分裂・解散するに至ったと言われています。

「私にそんな力はないです。木村静香としてプライベートでは彼の一部ではありますが、仕事では『付属品』にもならない存在。工藤静香とSMAPは何の関係もないんだから」

 だが、多くのメディアがキムタクと工藤の裏切りが解散の原因だと書き立てている。

――8月24日の『SMAP×SMAP』の収録で、解散発表後に初めてメンバー5人が顔を合わせました。木村さんは何か言っていましたか?

「何も……。ただ、フジテレビのスタッフさんたちが『いつも通りに接しよう』と気を遣ってくれたのがかえって申し訳なくて、苦しくて、ツラかったと、それだけは言っていました……」

 SMAPの最後のファンクラブ会報の表紙は、解散決定前に撮られた集合写真だった。キムタクは笑顔なのに他のメンバーは固い表情のままだった。5人の関係を物語るように――。

 FRIDAY最新号では、工藤のさらなる激白、キムタクの近影、ツーショットなどを掲載している。

撮影 結束武郎

最終更新:9/2(金) 10:44

FRIDAY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。