ここから本文です

倉敷美観地区より風情がある?小江戸・川越に行ってみた

メディアゴン 9/2(金) 7:30配信

柴川淳一[著述業]

***

先日、小江戸で知られる埼玉県川越市に行って来た。東京に住むようになった時に、川越市に住む友人から、一度観光に来い、見ておいて損はないからと言う丁寧な誘いを受けていたので、訪問した次第だ。

筆者は岡山県倉敷市に長く住んでいた。倉敷といえば伝統的建造物が保存された「美観地区」で有名だ。川越市も同様に、旧市街の歴史的街並みが「蔵造りの街」として美しく保存されている。小江戸・川越について見聞きしたところ、倉敷市の美観地区とイメージが重なった。

白壁の土蔵や古い町屋の建物、甍の波等々。倉敷美観地区と似たようなもんなら、行かなくてもだいたいどんな所か想像がつく・・・と勝手に解釈しており、それほど期待はせずの「きまぐれ訪問」となったわけだ。

しかし、実際に足を運んでみて、筆者の予想は全く裏切られた。

3時間余り滞在したが、倉敷美観地区よりは、町屋や街路が整備されている。美味しいものも多いし、歴史的建造物もきれい。観光地を巡る循環バスが整備されており、これがまた非常に便利。いろいろな面で観光地としては、倉敷よりも数段上だと思った。

こう書くと、偏見だの、主観の押し付けだのとお叱りを受けることは必然だが、筆者には観光地の街並みとして、歴史的に見ても小江戸・川越の方が倉敷市美観地区に比べて、歩があるように感じた。

川越は室町時代、太田道灌の頃に町屋の原型が出来上がり、後に徳川時代の江戸八百八町のモデル都市となったと言うから、実に500年以上の歴史がある。

それに対して倉敷美観地区は徳川幕府が「天領」として江戸から代官を派遣したのがことの起こりであるから、川越小江戸に遅れること約200年ほど後に開発され、発展した町である。

小江戸・川越の象徴にもなっている「時の鐘」は現在、耐震工事のため見ることはできなかったが、それでも十分に小江戸を満喫できた。観光地としての完成度が高いこともあり、JR川越の駅員さんの観光の見学順路についてのアドバイスも慣れたもので的確で懇切丁寧だ。

また、「時の鐘」の場所がわからず困っていたら、町の人から声を掛けられた。工事用のスクリーンで囲まれた高い塔が「時の鐘」だと教えてくれただけでなく、「時の鐘は工事中で残念でしたね。また、いらっしゃい」と優しい言葉。

「菓子屋横丁」で昔懐かしいオレンジ色の小箱に入った塩昆布と、煙草のピースを模倣した紺色の箱に入ったココア・シガレットを買って、ふと、西の空を見ると綺麗な虹が掛かっていた。

虹を見たのも、塩昆布やココア・シガレットを買ったのも久しぶりだ。小江戸・川越は懐かしい風景と人情があふれた町だった。古き良き日本の原風景が残る町である。

柴川淳一[著述業]

最終更新:9/2(金) 7:30

メディアゴン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。