ここから本文です

屈辱の敗戦に香川は「受け入れるしかない」 “気持ちの切り替え”を何度も強調するが…

Football ZONE web 9/2(金) 0:08配信

前半26分、フリーで走りこむも決定機をフイに

 日本代表のMF香川真司は9月1日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選のUAE戦にトップ下で先発フル出場。しかし、ゴールに絡めず、チームも1-2で敗戦し、日本の背番号10は「受け入れてやるしかない」と気持ちを切り替えた。

【写真特集】リオ五輪を彩った女子サッカーの美女選手たち

 日本はMF清武弘嗣のFKからFW本田圭佑が頭で押し込み、前半11分と早い時間に先制する。しかし、不用意なミスやファウルをきっかけに、同20分にFK、後半8分にPKで失点し、逆転負けを喫した。

 香川は前半26分、本田のヘディングシュートをGKが弾いたところにフリーで走りこんだが、ボールのバウンドに合わせられず、右足に当たったボールはゴールポストのわずかに右へ。決定機をフイにすると、後半はボールに絡むシーンすらも少なかった。

「勝たなければいけない試合で、こういうスタートになったのはすごく悔しいですけど、切り替えたいです」

 UAE戦は、15年1月のアジアカップ準決勝に続いて連敗。香川は屈辱の敗戦を受け止め、次なる一戦に視線を向ける。「自分たちが負けた。受け入れるしかない」と、9月6日の敵地タイ戦に向けて気持ちを新たにした。

 これまでの日本は、最終予選の初戦で敗れたすべての大会で本大会出場を逃している。ロシアに向けた道のりは、やはり茨の道となりそうだ。タレント豊富な攻撃陣の中で、バヒド・ハリルホジッチ監督から信頼を寄せられている男は、バンコクでの一戦で指揮官の想いにこたえられるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/2(金) 0:08

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ