ここから本文です

旅行先におしゃれな服を持っていくテクニック

ライフハッカー[日本版] 9/2(金) 19:10配信

スパンコールやビーズ、レースなどが付いた繊細な洋服を旅行に持っていくときは特別なケアが必要です。でも、旅行時に洋服カバーに洋服を入れて持っていくのはかさばってしまいますよね? そんなときは、包み紙を使えばスーツケースのなかに繊細な洋服を詰めることができます。

包み紙はほかの洋服との摩擦から守ってくれるのでスパンコールやビーズなどが取れるのを防ぎます。また、包み紙で保護することによってほかの洋服がラメやくっつきやすいプリントで汚れるのを防ぐこともできます。

包み紙を敷いたら、洋服を上に乗せてもう一枚の包み紙をかぶせます。全部ひっくるめてロールしたらスーツケースに詰めるだけ。もし2着以上詰める場合には包み紙を相互に重ねてロールしましょう。


Up in the Air: Comfy Maxi Dress & Packing Segment | Wendy's Lookbook

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:wasabi)

最終更新:9/2(金) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。