ここから本文です

日本と同組のオーストラリアは白星発進。イラクに完勝で暫定首位に

フットボールチャンネル 9/2(金) 0:33配信

【オーストラリア 2-0 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 ロシアW杯アジア地区最終予選で日本代表と同組のオーストラリア代表は1日、ホームでイラク代表と対戦した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現状のベストメンバーを揃えたオーストラリアは前半こそ0-0で折り返したものの、後半に入って58分にマッシモ・ルオンゴ、64分にトミ・ユリッチが立て続けにゴールを奪って2点リードを手にする。

 その後はジャクソン・アーヴァインやギリシャ生まれのアポストロス・ジャーノウら代表経験の少ない選手たちにも交代でチャンスを与えながら逃げ切って試合終了。重要な初戦を2-0の完勝で飾った。

 同じ組のサウジアラビアとタイの試合はまだ終わっていないため暫定ではあるが、2点差をつけて勝利したオーストラリアがグループ首位に立った。2位には日本を2-1で破ったUAEが続いている。日本は下から2番目の5位につけた。

 オーストラリアと日本は10月11日に最初の対戦が組まれている。今予選最大の注目カードと言われているが、今後の結果しだいでは日本にとって負ければ終わりの大一番になってしまうかもしれない。

【得点者】
58分 1-0 ルオンゴ(オーストラリア)
64分 2-0 ユリッチ(オーストラリア)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 0:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革