ここから本文です

ジゼル・ブンチェン、14年連続で世界で最も稼いだモデルに輝く!

MEN’S+ 9/2(金) 21:20配信

1年休みなく8時間労働しても、時給はなんと100万円オーバー!!

 ジゼル・ブンチェンが、14年連続で『フォーブス』誌の世界で、最も稼いだモデルに輝きました。昨年、ランウェイモデルから引退しているにも関わらず、今年もジゼルが堂々の第1位に君臨しました。ジゼルの過去1年の推定収入は、昨年の4400万ドル(約45億5000万円)から3割減となる3050万ドル(約31億5000万円)となっています。
 
 『フォーブス』誌はジゼルの勝因について、「ジゼルは、シャネル、キャロリーナ・ヘレラ、パンテーンとの香水や美容系での契約に加え、出身地ブラジルでのシューズブランド、アレッツォとスカイTVの広告出演から大きな収入を得ている。モデル業よりも自身の下着とスキンケアブランドがジゼルの収入を際立たせる結果となっている」と、解説しています。
 
 続いてヴィクトリアズ・シークレットのベテランモデル、アドリアナ・リマがメイベリン、ヴォーグ・アイウェア、IWCなどとの契約が決め手となり、1050万ドル(約10億8000万円)で2位にランクインしています。
 
 そして、昨年ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーデビューを飾ったケンダル・ジェンナーが、エスティローダーとの契約のおかげで、昨年の収入400万ドル(約4億1000万円)から1000万ドル(約10億円)へと150パーセントの大きな伸びを見せ、僅差で3位についています。カーリー・クロスも1000万ドルでケンダルとタイ3位となりました。
 
 そして4位には、ジジ・ハディッドと同ランキング初登場のロージー・ハンティントン=ホワイトリーの2人が900万ドル(約9億3000万円)タイで続き、現在女優業に力を入れているカーラ・デルヴィーニュは850万ドル(約8億7000万円)で7位と順位を落としました。
 
 8位には700万ドル(約7億2300万円)でキャンディス・スワンポールとリウ・ウェンがランクインし、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして名声を得たミランダ・カーが600万ドル(約6億2000万円)でトップ10を締めくくりました。

【「世界で最も稼いだモデル」ベスト10の顔ぶれ一覧画像】

メンズ・プラス編集部/BANG SHOWBIZ

最終更新:9/2(金) 21:20

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。