ここから本文です

【9月2日~9月4日セ・パ第39節展望】ソフトバンクは骨折で離脱した柳田の穴をどう埋めるか

ベースボールチャンネル 9/2(金) 14:18配信

<セリーグ>

4位・ヤクルト(7勝)- 1位・広島(13勝) M9 神宮

 昨季の覇者ヤクルトと現在首位の広島との対決。ヤクルトはCS圏内までゲーム差1と迫っているが、ポストシーズンに進出してさらに上を狙うのなら、このままの対戦成績ではいけないだろう。3タテを狙いたい。初戦の先発は左腕エースの石川が上がる。前回登板で通算150勝目を挙げたばかりの石川は中5日での登板だが、6回を3失点で乗り切りたい。第2、3戦は山中とデイビーズが控える。打線の方は1番・坂口と3番・山田が好調をキープしている。主砲・バレンティンに加えて、勝負強い今浪や心境著しい西浦など打線の破壊力は健在だ。川端の復帰も近く、逆転CSに向けてエンジンの回転数を上げたい。

 広島は前節3連勝を飾り、優勝マジックが一けた台に突入した。リーグ制覇まで秒読みといったところか。初戦の先発は12勝の野村が上がる。1カ月以上勝ち星から遠ざかっているだけに、立て直したいところだ。本人も早く勝利が欲しいはずだ。2戦目黒田、3戦目ヘーゲンズとこれまで通りと予想する。黒田はあと2勝で今季二けたに届くだけに、ここは勝っておきたい。打線の方は活発だ。バットが振れていない選手が見当たらないほどで、1番の田中、2番の菊池、9月1日の試合でサヨナラ打を放った丸、エルドレッド、鈴木と打線に切れ目がない。投手戦になっても、打撃戦になっても勝負できる強さがある。


2位・巨人(7勝1分)-6位・中日(9勝1分) 東京ドーム

 CS進出がほぼ安泰の巨人と絶望の中日との対戦。両者のモチベーションがどうなるか気になるところだ。巨人は空気が緩まないか心配だが、逆に捉えれば、CSへ向けての戦い方を整備する機会にもできる。巨人の初戦先発は、内海が上がる。前回登板では1回6失点で降板し、チームの流れを悪くしたが、自身の手で流れを取り戻したい。2戦目の大竹も同様だ。3戦目のマイコラスは、前回登板で物議を醸したが、メンタルを上手くコントロールしたい。打線はリーグ首位打者の坂本が好調をキープしているものの、やや湿りがちだ。31日の試合では完封負けを喫している。亀井の復帰など打線にテコ入れをしたい。

 中日は谷繁監督の休養からの周囲の騒ぎもひと段落し、腰を据えて戦っている。先は見えないが、現在は3連勝中と投打が上手く噛み合っている。初戦先発はジョーダンが上がる。中7日空けての登板になるが、どんなピッチングができるか。敵地では今季未勝利だけに、そろそろ星を挙げたい。来季の去就にも関わってくるだろう。第2、3戦は小笠原、大野の並びだ。大野は復帰してから連勝中で、上位いじめをしていて、特に巨人戦に強い。打線の方は、森野を主軸に据えて、打線が落ち着いてきた印象だ。1番の大島が出塁してというオーソドックスなスタイルだが、堂上、福田らの状態もいい。


5位・阪神(13勝)- 3位・DeNA(5勝) 甲子園

 逆転CS進出をまだあきらめていない阪神は3位DeNAとの対戦は負けられない。前回の対戦では敵地で3タテしているだけに、期待も高い。初戦の先発は今季初先発となる秋山を送り込む。入団1年目がキャリアハイとなっている秋山だが、今季はファームで研鑽を積み、成長を匂わせている。初先発のチャンスを生かしたい。第2、3戦は能見、岩貞か。打線の方は、上本、北條、高山の1・2・3番コンビが形を作っているが、元気がない。中谷、原口ら元捕手らを起用することで、経験を積み重ねたい。連勝と連敗が続いている。踏ん張りどころだ。

 DeNAは前節、首位広島に3連敗を喫した。疲れもあるが、次節にはヤクルト戦も控えるだけに、この3連戦は是が非でも勝ち越さなければならない。初戦の先発は石田が上がる。ずっと好投を続けているなか、前節は勝ち星が付いた。もっとも信頼感のある投手といえるだろう。大事なカード頭、弾みをつけてもらいたい。2戦目は8月3勝の山口、3戦目は新人王を視界に入れる今永で勝負を懸ける。打線は8月ややおとなしかった主砲・筒香が復調気配。驚異的な打棒を見せそうだ。桑原、倉本の今季ブレーク組も調子を上げてきている。しっかり相手と組んで力でねじ伏せたい。

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 14:37

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革