ここから本文です

ハリル、人選を悔やむ!? 「なぜこの選手を選んでしまったか・・・」

フットボールチャンネル 9/2(金) 1:06配信

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し、1-2の逆転負けを喫した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

「ボールをより早く動かしてほしい」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督は選手たちに要求したというが、スピーディーな攻撃は影を潜めた。中央の狭いスペースをこじ開けようとする意識が強く、フィニッシュに持ち込めないシーンも目立った。

 ボールの動きが停滞した原因について「疲労も考えられる。何人かの選手はそのプレーを実行するフィジカルコンディションがなかった」と指揮官。そして「なぜこの選手を選んでしまったかと自分に疑問を持っている」と続けた。選手名を明かすことはしなかったが、人選を悔やむ様子は伺えた。それでも、「とにかく監督を批判してほしい。選手のことを私はしっかり守りたい。私のチョイスが悪かった」とイレブンを擁護した。

 失点は直接FKとPKによるものだった。1点目は判定に泣かされた面もあるが、PA内でのファウルはいただけない。3人で相手を囲みながら奪いきれずに倒してしまった。

「我々の守備面で能力の限界も見せたのかなと。最後の30mはFKを与えるなと言った。2失点目は3対1の状況でボールを奪いに行ったわけだが、ボールを外に出せなかったのが実力。私は最初からデュエル、デュエルと言っていたが、みなさんもデュエルがどうだったかというのがわかったと思う」

 初戦を落とす厳しい結果となったが、最終予選は今後も続く。ハリルホジッチ監督も「まだまだ最後ではない」と諦めた様子はまったくない。まずは次節のタイとのアウェイゲームをしっかり勝利し、勢いをつけたいところだ。

(取材:植田路生)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 1:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。