ここから本文です

意外と誰も教えてくれない、マネジメントの基本

ライフハッカー[日本版] 9/2(金) 21:10配信

『ビジネススキル大全―――2時間で学ぶ「成果を生み出す」全技術』(藤井孝一著、ダイヤモンド社)の冒頭において、著者は「仕事のやり方がわからない」と悩む若者の多さを指摘しています。上司や先輩がいて、研修などもあるとはいえ、思考法や文章の書き方、プレゼンテーションの仕方など、「日常の仕事を支える、ベースとなるようなスキル」については、体系的に教えてもらう機会が少ないというのです。

その根底にあるのは、「そういうことは仕事をするうちに自然と身につくもので、会社がお金と時間を費やして教えるものではない」という考え方かもしれません。あるいは、「昨今は雇用の流動化が一般化しているだけに、せっかく教えても持ち出されてしまう」という思いかもしれません。いずれにしても結果的には、上司や先輩の背中を見て「盗む」か、学校に通ったり、書籍で学ぶしかないということ。

とはいえ、ビジネス環境は高度化、複雑化しており、仕事を進めるうえでも、キャリアを形成するうえでも、それらのスキルはますます重要になっています。しかもスキル自体、ビジネスの世界で活用されることによって進化を続けているもの。そんな時代なのに、「いつか習得できればいい」という、のどかな取り組みをしていたのでは、周囲からどんどん差をつけられてしまっても仕方がないわけです。

”本書は、そんな問題に直面する現役のビジネスパーソン、特に向上心旺盛な、主に若い人に向けて書きました。
読者が陥りやすい、仕事などで抱える悩み、たとえばものの考え方やアイデア発想、ビジネス文章の書き方など、いわゆる知的生産を支えるスキルを中心に紹介し、解説したものです。
(「はじめに」より)”

ビジネス書で紹介されているスキルのなかから、「これは」というものを抽出して解説した内容。「本を読まなくても、ビジネスパーソン必修のスキルが一気に学べる」ところがポイントだそうです。第7章「人を動かしチームで成果を上げるマネジメント法」から、いくつかを引き出してみましょう。

1/3ページ

最終更新:9/2(金) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。