ここから本文です

清武、先制点アシストも「監督は今日の左サイドには満足していないと思う」

フットボールチャンネル 9/2(金) 5:30配信

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し、1-2の逆転負けを喫した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 先制点をアシストしたのは、清武弘嗣だった。FKを得た11分、精度の高いキックで本田圭佑のゴールを演出した。しかし結果は敗戦。試合後、清武は「少し不運な点もありましたけど、負けは負け。修正するところはたくさんある」と肩を落とした。

 77分には浅野拓磨のゴールが幻となるなど、不可解ともとれる判定がいくつかあった。だが清武は「別にレフェリーのせいではないし、間違いなく決めるところで決められなかったシーンもあった」と、敗戦の原因は自分たちにあるとの考えを示した。

 清武自身、触れば1点という場面を逃している。「決めるべきだった。あれを決めないとこういう結果になってしまう」と振り返った。

 アシスト以外にも違いを見せるプレーを披露したが、「たぶん監督は今日の左サイドには満足していないと思う」と清武。「やっていたつもり」と指揮官の要求に応えようという姿勢は見られたが、「擦り合わせていかないといけない」とさらなる向上を誓った。

 UAEの攻撃に晒されることもあったが、試合全体で見ればボールを支配したのは日本。しかし、決定機を活かすことはできなかった。

「ボールを持てている中でもっと幅を出したり、細かくしたり、裏を狙ったりという判断があってもいいのかなと。でも相手が結構引いていたので、なかなか難しかった」

 6日には敵地でタイと対戦する。再び移動となるがコンディションについては「大丈夫」と強調した。「誰が出ても試合は勝たなきゃいけない。次の試合、本当に勝てるようにみんな準備していきたい」と力を込めた。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 5:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。