ここから本文です

セレブ専門不動産屋が告白する、9つの知られざる真実

ハーパーズ バザー・オンライン 9/2(金) 19:37配信

セレブを知りたいと思ったら、その人の家の中に入ってみるのが一番。不動産業界で25年以上のキャリアを持ち、お金持ち&有名人の邸宅購入のお世話をして彼らの暮らしを垣間見た人物が、ドリー・レンズ。彼女と、娘ジェニー(幼い頃から母とともにセレブの物件を見て回り、ついに母の会社に就職)に、長年の間に培った知識を聞いてみた。

1. セレブは、その家の安全を確保するための努力を惜しまない

「誰かに攻撃された時、逃げ込んだり、水を飲んだり、外とのコミュニケーションをカットされない方法を確保するために、セーフルームのリクエストや需要はありますね」とジェニー。「セーフルームを作りつけにしたこともあります。一度も実際に使ったことがないのは、幸いですけれどね」

2. セレブの暮らしを覗いてみたくて、買う気を装って見に来るだけの一般人もいる

「1日に何度もそういうことはあるわ」と、ドリー。「私たちは門番ですから、当然、誰を中にいれるかについては大いに注意を払わなくてはなりませんし、厳しく調査もしなくてはなりません。(調査するプロセスは)人によりますね。もしレオナルド・ディカプリオが電話してきたら、彼はそのくらいのお金を払うことはできるだろうとわかりますから、調査はあまり厳しくしないでしょう。でも、ジョン・スミスと名乗る人が電話してきたら、レファレンス・レター(照会状)、たとえば通常は、この人物とは何年取引があって、その物件を買えるだけのお金があるかどうか、などについて明記した銀行から手紙を出してもらいます。何よりも、その物件を買えるかどうか、当人が名乗っている人物に間違いないか、ということをチェックします」

3. セレブはセレブの家に住みたがる

何年か前に、私が代理人をしていたバーブラ・ストライサンドの家を、マライア・キャリーと契約しに行きました。マライアは、どうしてもバーブラの家を買いたい、と特定していたのです」と、ドリー。「バーバラが彼女のアイドルだったからです。スターがスターに憧れることもあるのです」

4. 香水用冷蔵庫や蜂の巣など、変わったリクエストをしたクライアントもいた

「香水は置いておくうちに新鮮でなくなるからといって、普通の冷蔵庫とは別に香水用の冷蔵庫を欲しがるクライアントがいました」と、ドリー。「あるセレブの配偶者がアレルギーの持ち主で、天然のハチミツを食べるといいというので、屋根の上にハチの巣を据え付けたこともありましたね。ホントの話ですよ」と、ジェニーが付け加える。「本物のハチの巣です。で、ハチの巣を取り付けることができるのか、どうやって作業するのかクライアントは知りたがったので、養蜂家を雇えるのか、法律に則って飼うことができるのかなど、あらゆる面をチェックしました」

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 19:37

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。