ここから本文です

『シン・ゴジラ』撮影裏 蒲田駅前封鎖でも苦情なし

女性自身 9/2(金) 6:01配信

「大田区での撮影は昨年9月に行われました」

 そう語るのは、大田区観光課の田澤早苗さん。公開直後から話題沸騰の映画『シン・ゴジラ』。そのロケに立ち会った田澤さんが現場秘話を明かしてくれた。

「蒲田駅前の大規模ロケでは、約300人のエキストラの方が参加。物語が冬の設定だったので、冬服であっちにダッシュ、こっちにダッシュを数回続けていたので、皆さん暑そうでした」

 蒲田にはかつて松竹の撮影所(松竹蒲田撮影所)があり、映画撮影とは親和性が高かったそう。

「あれだけの通行止めをしていたにもかかわらず、苦情はありませんでした。むしろ『僕もエキストラで出たかったのに』という意見があったくらい」

 田澤さんから見た庵野秀明総監督と樋口真嗣監督の印象は?

「庵野総監督はじっと構えている感じ。樋口監督はスタッフやエキストラの方に細かい指示を出されていました。大田区の撮影ではキャストの方がいらっしゃらなかったのが残念」

 それにしても、なぜ蒲田がロケ地に選ばれたのだろうか。

「『ロケ地を探していたとき、今の日本の街を体現していて、ゴジラが上陸したときうまくはまるのが蒲田の雰囲気』というようなことを、庵野総監督も樋口監督もおっしゃっていたようです」

 もう見た人も、これからの人も、ロケ地・蒲田を訪れればもっと映画を楽しめるかも!?

最終更新:9/2(金) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。