ここから本文です

なぜ空前の大ヒットになったのか?――『未生』は韓国社会の縮図 原作者ユン・テホ氏ロング・インタビュー[前編]

Book Bang 9/2(金) 11:00配信

韓流イベントのMCやラジオDJ・テレビVJとして活躍する古家正亨氏が、韓国・ソウルで『未生 ミセン』の著者ユン・テホ氏に独占取材! 韓国のウェブコミック・WEBTOON(ウェブトゥーン)で大ヒットし、コミックスは累計200万部を突破。ドラマ版も社会現象を巻き起こした本作の魅力にはまり、ソウルにまで一人ロケ地ツアーに出かけてしまうほど大ファンだという古家氏。「独自の目線でどうしてもインタビューしたい」という思いが通じ、インタビューが実現しました。インタビュー前編では、『未生』誕生秘話を紹介します。

---
ユン・テホ
1969年、韓国・光州生まれ。1993年『緊急着陸』でデビュー後、さまざまな作品を発表。日本でも公開された映画『インサイダーズ/内部者たち』『黒く濁る村』はユン・テホのWEBTOON(ウェブコミック)が原作である。『未生 ミセン』は韓国にて圧倒的な反響を呼び数々の賞を受賞、その世界観を巧みに映像化したドラマ版は社会現象となった。

聞き手/古家正亨(ふるや・まさゆき)
ラジオDJ/テレビVJ/韓国大衆文化ジャーナリスト。帝塚山学院大学リベラルアーツ学部客員教授。北海道科学大学未来デザイン学部客員准教授。上智大学大学院文学研究科新聞学専攻博士前期課程修了。韓国および東アジアの文化を中心に、幅広いジャンルでの比較対象を研究。韓国観光名誉広報大使、韓国政府文化体育観光部長官褒章受章。

 ***

──ドラマ『未生』を初めて観た時の衝撃は忘れられない。主人公チャン・グレのみならず、登場人物すべてが主人公のようなその作風は、これまで放送されてきた韓国ドラマとは、似て非なるものだった。そして、総合商社という日本発祥の企業文化が、韓国社会の中でどのように変化を遂げ、定着していったのか。儒教を重んじる文化・習慣の中で、女性が“会社”という環境において、どのような状況におかれているのか……など、まさにこのドラマの舞台、総合商社「ONEINTERNATIONAL」は韓国社会の縮図であり、実にドラマティックな人間模様が描かれているのである。

しかしこのドラマには、そんな優秀なドラマの上を行く原作漫画が存在する。その原作者とは昨年公開され、R指定映画としては異例の大ヒットとなったイ・ビョンホン主演の『インサイダーズ/内部者たち』や『黒く濁る村』といった韓国社会の暗部にスポットを当てた作品を発表してきた、人気漫画家ユン・テホ氏。なぜこのような作品が誕生することになったのか。そして大ヒット作『未生』を通じて、読者にどんなメッセージを伝えたかったのかを聞いた。(古家正亨)

1/7ページ

最終更新:9/2(金) 11:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。