ここから本文です

岡崎、UAE戦不発に「アイディアは浮かんでいるが、感覚的にまだ追いついてない」

フットボールチャンネル 9/2(金) 6:20配信

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し、1-2の逆転負けを喫した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 最前線の位置で先発した岡崎慎司だったが、守備での貢献は見せたがなかなか決定機に絡めない。そんな中で迎えた59分、本田圭佑のクロスを完璧なタイミングで合わせるも、渾身のヘッドはクロスバーに嫌われた。

 所属するレスターでも主力として奮闘しているが、ストライカーはジェイミー・ヴァーディ。だが、日本代表では9番の仕事が求められる。

「クラブで点を取れる役をやらせてもらっているわけではないし、そこで勝負していくというのがまだまだ感覚的に足りない。前で張るというところを普段やれていないので、頭ではアイディアは浮かんでいるけど、感覚的にはまだ追いついてない」

 逆転を許してからはチーム全体でひたすらゴールを目指した。サイド攻撃からあわやという場面も作ったが、ネットを揺らすことはできなかった。「2失点目してからは焦った展開になってしまった」と岡崎はいう。あの時間帯、どのようなプレーが必要だったのか。

「自分たちでコントロールして、もうちょっと狙いのあるサッカーをしていかないといけない。厳しい予選で2失点してしまうのが一番きつかったかなと」

 敗戦は受け入れるしかないが、複数失点を喫していては勝利を掴むのは難しい。アジア相手には攻撃の時間が長くなるが、守備でのリスクマネジメントも重要になってくる。追加点を奪えなかったことはもちろん反省材料だが、失点しないための試合運びも求められる。

 この日は後半途中に交代を告げられる悔しさも味わったが、「不満はない。『こいつやってくれるな』というのを出せれば代えられないと思う」と下を向く様子はない。6大会連続のW杯出場は、岡崎のストライカーとしての覚醒にかかっている。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 6:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)