ここから本文です

西川、“パネンカ”決められ「相手の駆け引きのうまさが一枚上だった」

フットボールチャンネル 9/2(金) 6:40配信

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し、1-2の逆転負けを喫した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 西川周作は懸命に腕を伸ばしボールに触れたが、外に弾き出すことはできず。UAEに同点ゴールを奪われた。「ボールは見えなかったが、とにかく枠には絶対にくると思っていた。自分の手に当たっただけに、止められなかった悔しさはある」と、1失点目の場面を振り返った。

 レフェリングに関しては「そこは想定していたというか、Jリーグとは違うんだろうなと思っていた。何が起こっても慌てずやろうと思っていた」と平常心のプレーを心がけていたことを明かした。

 2失点目はPKによるものだったが、ゴール右に飛んだ西川を嘲笑うかのようなパネンカを決められた。「いろいろな映像を見ていたので、あのキックの情報はあった。相手の駆け引きのうまさが一枚上だったかなと。あの状況であれをやってくるというのは、強いなと思う」と相手を称賛しつつも、「そこで1つ仕事ができていれば、チームが負けることはなかった。GKがいかに大事なのか、そういう試合になったと思う」と、西川は守護神の重要性を改めて痛感したようだ。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 6:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。