ここから本文です

トランプ夫人、エスコート嬢報道のタブロイド紙を1億5,000万ドルで提訴

女性自身 9/2(金) 13:42配信

米共和党大統領候補のドナルド・トランプの夫人にして元モデルのメラニア・トランプがご立腹だ。

1990年代にエスコート嬢(高級コールガール)として働いていたと報じた『デイリー・メール』紙を擁するメール・メディアと、この情報を拡散させたブロガー数人を相手取り、「個人としても公人としても、計り知れない悪影響をもたらした」として1億5,000万ドルの損害賠償を求めて訴えたのだ。

デイリー・メール紙は8月20日、スロヴェニアの雑誌『スージー』の記事を転載。これは1990年代にメラニアが所属していたモデルエージェントに関するもので、当時、このエージェントはエスコートサービスも行っていたと報じていた。トランプ側もエージェントも、「そのような事実はない」と完全否定し、それを受けたデイリー・メールも記事を撤回していた。

今回、トランプ側についた弁護士は、ハルク・ホーガンのセックステープを公開したゴシップメディア『ゴーカー』に1億4,000万ドルの賠償金を支払わせ、ついには破綻に追い込んだマイケル・ハーダー。ミシェル・オバマのスピーチを盗用したり、ヌード写真がNYポスト紙の1面を飾ったりとファーストレディとしての資質に疑問が持たれるメラニアだが、これ以上のイメージ失墜を避けるために考え得る限り最善の人選をしたようだ。11月の投票日を控え、些細な醜聞も命取りとなるこの時期。トランプ陣営はこのまま強気の姿勢で突っ走る模様だ。

最終更新:9/2(金) 13:42

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。