ここから本文です

レスター地元紙、岡崎の髪型に絡めて敗戦を辛口批評 「新しい髪型も勝利の役に立たず」

Football ZONE web 9/2(金) 12:50配信

フォクシーズでただ1人代表戦に出場。「オカザキと日本が負けた」と報じられる

 日本代表のFW岡崎慎司(レスター・シティ)は、昨季のプレミアリーグ覇者の肩書きを提げて、1日に行われたロシア・ワールドカップアジア最終予選・UAE戦で先発したが、不発のまま後半21分に交代となった。レスターの地元紙は「新しい髪型も日本勝利の役に立たず」とレポートしている。

【写真特集】リオ五輪を彩った女子サッカーの美女選手たち

 「オカザキと日本が負けた」と報じたのは地元紙「レスター・マーキュリー」の電子版。この日、代表戦を戦ったフォクシーズ(レスターの愛称)の選手は岡崎だけだった。

「シティには、今日、代表活動のあった1人のスターがいた。だが、新しい髪型にも関わらず、シンジ・オカザキは日本代表の勝利の役に立てなかった。実際のところ、日本はワールドカップ最終予選初戦にて、ホームで驚くべき敗北を喫した」

 短く髪の毛を刈り込んだ岡崎と日本がUAEに不覚を取ったことを報じていた。6日の敵地タイ戦では、ゴールでレスターサポーターに朗報を届けることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/2(金) 12:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。