ここから本文です

モウリーニョ直々の誘いを拒否! “岡崎の元同僚”カンテがチェルシー行きの舞台裏を激白

Football ZONE web 9/2(金) 13:30配信

名将からの直電に「アメージングだった」と語るも…

 今夏、レスター・シティからチェルシーに移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテは、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督から直々に口説かれていたという舞台裏を明かした。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 昨季、奇跡のリーグ優勝に大きく貢献したカンテに対しては、チェルシーやユナイテッド以外にも、ユベントスやパリ・サンジェルマンなど国外のビッグクラブから関心を寄せられるほどの人気ぶり。移籍マーケットでその動向に注目が集まっていたが、そのカンテがポルトガル人指揮官から直電で獲得を打診されていたという。

「モウリーニョからの電話はアメージングだった。どうして僕がユナイテッドに移籍するべきか、という彼の主張を聞いたよ」

 現代サッカー界を代表する名将から直接要請を受けて、当時の心境についてカンテは「あの時、レスターに残留するのか、チェルシーに行くのかで迷っていた」と明かしている。最終的には、マンチェスターではなく、ロンドン行きのチケットを手にし、モウリーニョ監督の古巣であるチェルシー加入を決断した。

ポグバとの“仏代表コンビ”は結成ならず

 モウ・ユナイテッドはカンテ獲得に失敗したものの、カンテと同じフランス代表のチームメイトであるMFポール・ポグバを、フットボール史上最高額となる8900万ポンド(約120億円)で獲得した。

 母国開催の欧州選手権で共演したポグバとカンテのコンビが、オールド・トラフォードで結成される可能性もあったものの、結局、その夢は叶わなかった。チェルシー加入後、開幕から3試合連続でフル出場中のカンテは、新天地でも活躍を続けている。モウリーニョ監督は後ろ髪を引かれる思いでその姿を見ているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/2(金) 13:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。