ここから本文です

長谷部、100試合の節目に痛恨のミス 「非常に責任を感じる」と陳謝

Football ZONE web 9/2(金) 14:20配信

大島とのダブルボランチで、立ち上がりから攻撃に関与するも…

 日本代表100試合出場の節目となったキャプテンにとって、悪夢の敗戦となってしまった。9月1日のワールドカップアジア最終予選初戦のUAE戦で、日本はFW本田圭佑のゴールで先制するも1-2の逆転負け。MF長谷部誠は「強いチームはここから立て直す」と巻き返しを誓った。

【写真特集】リオ五輪を彩った女子サッカーの美女選手たち

 幸先の良いスタートを切ったかに見えた。前半11分、MF清武弘嗣のFKからファーサイドの本田がヘディングシュートを決めて先制。A代表デビュー戦となったMF大島僚太とダブルボランチを組んだ長谷部は、立ち上がりから積極的に顔を出して攻撃に関与した。

 同20分には、DF吉田麻也がゴール正面でファウルを犯すと、FWハリルに強烈な直接FKを決められて同点に追い付かれる。そして後半8分、悪夢の瞬間が待っていた。

 ペナルティーエリア左サイドでボールをキープする相手に対して、日本はDF酒井宏樹、MF香川真司、大島の3人で囲むも、なかなかボールを奪い切れない。そして強引な突破を図られたなか、最終的に大島が倒してPK判定。これを再びハリルに決められ、日本は逆転を許した。

 2失点目の場面では、ボールを奪うチャンスが何度もありながら、エリア内でキープされたのが最大の原因と言える。長谷部は「今日の試合に関しては、2つのPKとFKでしたけど、2失点目に関しては個人的なミスもあり、非常に責任を感じる。最終予選では1つのミスが命取りになると分かってはいたんですが……」と肩を落とした。

タイ戦に向けて「切り替えたい」と強調

 それでも、敗戦スタートとなった日本の先頭に立つ長谷部は、9月6日に迎える次戦の敵地タイ戦に向けて、気持ちを切り替える重要性を説く。

「守備も攻撃も修正しなければいけない点はたくさんある。次の試合はすぐに来るので、下を向いている時間はない。切り替えて次に向かいたい。初戦の大事さは分かっていたが、こういう結果になってしまって、もちろん残念です。ただ次が来ますから、しっかり切り替えたい」

 そして、「強いチームは、こういう時にしっかり立て直す。次は勝つだけ。勝利を求めてやっていきたい」とプライドを垣間見せた。

 100試合という節目のゲームは“まさかの敗戦”となったが、キャプテンの闘志は一切衰えていない。最終予選突破に向けて勝利が求められる次戦は、今まで以上のリーダーシップが求められる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/2(金) 16:43

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。