ここから本文です

NEWS『Mステ』で「恋を知らない君へ」披露 夏ソングの新境地をどう歌う?

リアルサウンド 9/2(金) 17:50配信

 先日放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、様々なアクシデントに遭遇しながらも、7年ぶりのパーソナリティーを4人でやり遂げたNEWS。番組内企画の「ダーツの旅」のコーナーでは、富山県射水市を訪れた手越祐也が、住人らから温かく迎えられており、幅広い人に認知されていることがわかった。先週8月28日にその大役を務め終えたばかりのNEWSが、本日9月2日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演する。

 同番組で披露予定の曲は、最新シングル『恋を知らない君へ』の表題曲。同シングルは、発売初週に15.4万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。NEWSにとって、デビュー曲からの連続1位獲得作品数が『希望~Yell~』(2004年5月発売)から数えて20作連続更新という記録を達成し、KinKi Kids(35作連続)、KAT-TUN(26作連続)に次ぐアーティスト歴代3位にランクインした。

 「恋を知らない君へ」は、ひと夏の恋を歌ったバラードソング。これまでのNEWSの楽曲には、「チュムチュム」や「NYARO」といったアッパーで盛り上がる夏をテーマにした楽曲や、「渚のお姉サマー」「SUMEER TIME」といった爽やかな曲など、数々の夏ソングが存在する。「恋を知らない君へ」は、今夏放送の日本テレビ系土曜ドラマ『時をかける少女』のエンディング・テーマとなっており、ドラマの世界観とリンクする歌詞からも、NEWSの今までの夏ソングとは違った印象を受けた。

 『時をかける少女』は、ある女子高生と、未来からタイムスリップしてきた少年のひと夏のストーリーを描いた作品。切ない物語の歌詞をそのまま綴った主題歌は、冒頭からピアノの音をバックにした伸びやかな手越のソロパートからはじまり、 哀愁ただようメロディーについ聞き入ってしまう。小山慶一郎がメインパーソナリティーを務める『KちゃんNEWS』(2016年6月28日)の同曲初オンエア時には、番組に出演した増田が 「1人1人テーマ性を持ってやらせてもらってます」と語っていた。実際に、それぞれの声質を生かした歌詞パートの歌い分けをしているのが特徴的だ。サビの最後の部分を加藤シゲアキだけが歌うような分け方も、NEWSにとっては珍しい。

 同曲に関して、2016年7月6日放送の『テゴマスのらじお』(MBS)で増田は「<嗚呼>という言葉からサビが始まるので、そこに命かけて歌いましたよ」と曲のポイントを披露した。それに対する手越の「確かにそういう始まりないね。<Ah>のフェイク的なのだったらあるけど、平仮名の<あぁ~>だからね」という発言で、歌詞のニュアンスを間違えて歌っていたことが発覚。続けて、手越は「鳴くの方!? やばいな俺、平仮名の<あぁ~>で『MUSIC DAY』と『テレ東音楽祭』歌っちゃってるな(笑)」と暴露していた。本日放送の『Mステ』では手越に限らず、メンバー1人1人が歌うパートにじっくり耳を傾けながら、今年の大仕事を終えたNEWSの次なるステージを楽しみたい。

梅中麻衣

最終更新:9/2(金) 17:50

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。