ここから本文です

レアル復帰のモラタがベイルを称賛 「数年のうちに世界でベストの選手になる」

Football ZONE web 9/2(金) 18:50配信

地元ラジオ局のインタビューで語る

 レアル・マドリードに今季から復帰したスペイン代表FWアルバロ・モラタは、早くも“ベイル信奉者”となっている模様だ。地元ラジオ局「COPE」のインタビューに答えて、「これから数年のうちに、ベイルは世界でベストの選手になる」と称賛している。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 レアルの下部組織育ちのモラタはトップチームでなかなか出番が回ってこず、2014年夏にユベントスへと買い戻しオプション付きで移籍した。イタリアの絶対王者で出場機会を多く得たことが評価され、今夏3シーズンぶりに“白い巨人”へ復帰。現地時間27日のリーガ・エスパニョーラ第2節で復帰後初得点を決め、今年の欧州選手権でもスペイン代表として得点ランク2位タイとなる3ゴールを挙げるなど急成長を遂げている。

 モラタは復帰にあたっての、ジネディーヌ・ジダン監督とのいきさつを明かした。「彼は私を呼び、『私のチームに君が必要で、それは君自身に多くの自信をもたらすことになる』と伝えてくれたんだ」と、指揮官からの熱いメッセージが復帰の決め手になったという。

 それと同時に、事あるごとにレアルを挑発するバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケの“ちょっかい”についても「僕は何も言う必要はないよ。現時点の欧州王者はレアル・マドリードで、その舞台で勝利することが大好きだ。僕はバルサよりもレアルのスタイルの方が好きだからね」と“レアル愛”をすでに前面に出している。

「この国では30ゴールをマークしないと…」

 そんなモラタだが、チームメートのベイルからは大きな感銘を受けているようだ。欧州選手権で母国のベスト4進出に貢献するなど飛ぶ鳥を落とす勢いのベイルだが、リーガ開幕2試合連続でともにプレーしてその実力を肌で感じた。そして「間違いなくベイルは、この数年のうちに世界でベストの選手になるだろう」と言い切った。

 レアルの前線には現在負傷で離脱している「BBCトリオ」の元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが控えており、熾烈なレギュラー争いが想定される。それでもモラタは、「この国ではもし30ゴールをマークしないと、まるでダメなストライカーとして扱われてしまうからね」と得点量産を誓った。

 1日に行われたベルギー代表との国際親善試合では、先発出場するも前半22分に右太ももに痛みを訴えて交代。現地の報道では大事をとっての交代であり、軽傷と見られているが、果たしてスペイン代表の新エース候補は、レアルで自らのポジションを確立できるだろうか。欧州屈指のアタッカーであるベイルに敬意を持ちながらも、今季のモラタは“白い巨人”で熾烈な競争に身を投じていくことになる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/2(金) 18:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。