ここから本文です

移籍市場最終日にロシアクラブの「仁義なき罠」 “被害者”ベルギー代表MFのユーベ行きが破談に

Football ZONE web 9/2(金) 21:40配信

ヴィツェルはメディカルチェックも済ませていたが、ゼニト側が要求額を釣り上げ

 イタリア王者ユベントスへの移籍がほぼ合意に達しながら、“ロシアの罠”に掛かって破談に終わったベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(ゼニト)が、自身のツイッターを更新し、声明を出している。

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 アフロヘアで有名なヴィツェルは、一度ユベントス移籍に合意に達し、ゼニトとも移籍金1800万ユーロ(約21億円)に加え、200万ユーロ(約2億3000万円)の成果ボーナスを付ける形で基本合意していたという。

 ヴィッツェル本人は、移籍市場最終日となった8月31日午後にトリノ入りし、メディカルチェックを済ませていた。ところが、移籍市場のタイムリミットである現地時間23時が迫るなか、急遽、ゼニト側が要求額を釣り上げたとされる。ユベントス側は粘り強く交渉したものの、仁義なき値上げに打って出たロシアクラブを説得できず、最後は破談に終わったという。

 1年前からビッグクラブへの移籍が取りざたされていたヴィツェルだが、高額な移籍金がネックとなり、移籍はなかなか実現しなかった。本人はユベントス移籍へ前向きで、英紙「デイリー・メール」はエバートンとチェルシーからのオファーを断っていたとレポートしている。最終的には、すべての商談が成立しなかった。

契約期間は残り1年。来夏に褒美があるか

 ヴィツェルは自身のツイッターに「待つ時間が長ければ長いほど、褒美は大きくなるんだ。人生は続いていく」と投稿。ビッグクラブ行きを果たせなかった無念さを滲ませた。

 ヴィツェルとゼニトの契約期間は残り1年。少なくとも来夏には、フリートランスファーでビッグクラブ行きの権利を得られる。ロシアで1年間の待機を余儀なくされたアフロマンに、“大きな褒美”が待っているだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/2(金) 21:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ