ここから本文です

日本、屈辱の敗戦も…UAE紙は浅野の”得点”認める「ゴールラインを超えていた」

フットボールチャンネル 9/2(金) 10:10配信

 日本代表は1日にUAE代表と2018年ロシアW杯アジア最終予選を戦い1-2で敗れた。1日にUAE紙『ザ・ナショナル』がこの試合について言及している。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 試合開始して11分、清武弘嗣のフリーキックから本田圭佑がヘディングシュートで合わせて日本が先制点を決めた。しかし20分、UAEはゴール真正面からのフリーキックをアハメド ハリルが直接決めて同点に追いつく。

 さらに54分には、相手選手をペナルティエリア内で倒してしまいUAEにPKのチャンスが与えられる。このPKをハリルがふわりと浮かすボールでGK西川周作のタイミングをずらし逆転ゴールを決めた。結果的に1-2の敗戦を喫した日本。しかし、この試合で主審による不可解な判定やゴール見逃しなど、結果に納得できない状況もあった。

 同紙は、UAEの勝利を評価するとともに「浅野のゴールはラインを超えていた」と、”幻のゴール”となった浅野拓磨の得点を認めている。また、「相手チームは常に優勢に立ち、近年では最も忘れられない試合の一つとなった」とのコメントを残している。

フットボールチャンネル

最終更新:9/3(土) 9:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)