ここから本文です

【西部の目】アジアでも射程距離に置かれた日本。UAEはアウェイでも強気に。裏目に出た選手起用

フットボールチャンネル 9/2(金) 10:58配信

 9月1日、2018ロシアW杯アジア最終予選の初戦でUAEをホームに迎えた日本代表。早い時間にセットプレーから得点を奪うも、直接FKとPKによる失点で逆転を許した。日本はアジアでは厳しい戦いを強いられても結果を出してきた。だが、もはやその優位性も安泰のものではなくなっている。(文:西部謙司)

【写真で振り返るハリルホジッチ監督のキャリア】

射程距離に置かれている日本

 チャンスもあったし、判定にも疑問はある。しかし、負けるべくして負けたとは言わないまでも、当然勝てる試合を落としたわけでもない。多少の不運もあり、接戦で競り負けた試合だった。近年のアジアでの戦いでは、不運に見舞われても何とか結果を出すことはできた。それだけの実力差があったからだ。

 だが、日本はすでにライバルの射程距離に置かれている。

 UAEとの差はアジアカップのときよりも縮まった。あのときほど日本はUAEを圧倒できていない。FKとPK以外にもチャンスを作られていた。日本は優勢だったが、UAEにも勝つチャンスは十分で、実際に彼らは勝利した。

 準備の差、コンディションの差もあった。難しい試合になることは、監督にも選手にもわかっていたと思う。それだけに、もう少し「慎重に」戦うべきだった。

 11分に清武のFKから本田が先制、理想的なスタートである。その後、たたみかけるように2点目を狙いにいったが、むしろゲームをコントロールしたほうがよかった。アジアカップで35本もシュートを打って1点しかとれなかったことを思い出すべきだったかもしれない。

裏目に出た大島の先発起用

 UAEの1点目はカウンターアタックを止められず、吉田がファウルをとられてFKを直接決められている。ファウルの判定はやや疑問だが、カウンターになったきっかけは大島から酒井宏へのパスが弱くてボールを失ったことだ。

 その後も大島は相手のプレスバックでボールを奪われてシュートへ持ち込まれ、後半にはPKも与えてしまった。ワールドカップ予選の初戦で、経験の少ない選手を先発起用したことが裏目に出た。大島は徐々にリズムをつかんで全体的には良いプレーぶりだったが、その前のミスが高くついてしまった。

 PKにつながったUAEの攻撃は、長谷部のミスから始まっている。100試合出場のベテランでもミスはする。ハリルホジッチ監督は、大島の使い方に慎重を期すべきだったのではないか。

 大島を使いたくなる気持ちはわかる。UAEに守備を固められたとき、日本の主な攻め手はコンビネーションになる。本田、香川、清武とともに、コンビネーションで何かを起こせる能力が大島にはあるからだ。相手にもさほど知られていない。ただ、この重要な試合に先発させるリスクもあった。

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 11:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。