ここから本文です

日本代表戦勝利に…UAE紙は自国代表を称賛「日本を気絶させる勝利だった」

フットボールチャンネル 9/2(金) 11:32配信

 1日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はUAE代表と対戦し1-2の敗戦を喫した。1日にUAE紙『グルフ・ニュース』がこの試合について言及している。

【動画】伊紙が特集したミラン本田“多彩な美技”映像

 試合開始して11分に清武弘嗣のフリーキックから本田圭佑がヘディングシュートを決めて先制。しかし、20分にゴール真正面からのフリーキックをアハメド ハリルが直接決めて同点に追いつかれてしまう。

 さらに54分には相手選手をペナルティエリア内で倒してしまったことでUAEにPKのチャンスが与えられる。これを再びハリルが決めてUAEが逆転に成功した。その後は日本が攻めにかかるも追加点とはならず。UAEを相手に日本は1-2の敗戦を喫している。

 同紙は「日本を気絶させる勝利」との見出しをつけてUAE代表を賞賛。一方で浅野拓磨の”幻のゴール”については「ゴールラインを通過したように見えるため、日本は不当な扱いを受けたと感じるだろう」や、「テレビのリプレイを見るとわずかにラインを越えているように見えた」とコメントしている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 11:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。