ここから本文です

コパ連覇の南米王者チリ、ビダル弾で1点差に迫るも…あと一歩届かずパラグアイに敗戦

フットボールチャンネル 9/2(金) 13:30配信

【パラグアイ 2-1 チリ 2018年ロシアW杯南米予選】

 現地時間1日に2018年ロシアW杯南米予選が行われ、チリ代表はパラグアイ代表と対戦。オスカル・ロメロなどにゴールを許し、チリは1-2の敗戦を喫している。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 チリは今年6月に行われたコパ・アメリカで優勝を飾り、前回大会に続けての連覇を成し遂げていた。南米王者の地位を保ったまま挑んだパラグアイ戦。コパ・アメリカに出場した選手の多くを起用して試合に臨んでいる。

 しかし、試合開始して6分にパラグアイのオスカル・ロメロに先制点を許すと、直後の8分にもパウロ・ダ・シルバに追加点を決められ2点差となる。試合序盤から苦しい展開となるチリだったが、36分にアルトゥーロ・ビダルが1点を返し1点差に迫る。

 追加点を狙うものの、なかなかゴールが決まらない。後半アディショナルタイムにはガリー・メデルが退場し1人少ない状況に。結局、同点に追いつくことはできずチリは1-2の敗戦を喫している。3大会連続のW杯出場を目指すチリにとって痛い敗戦となってしまった。

【得点者】
6分 1-0 ロメロ(パラグアイ)
8分 2-0 ダ・シルバ(パラグアイ)
36分 2-1 ビダル(チリ)

フットボールチャンネル

最終更新:9/2(金) 13:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。